庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ひとりぼっちのりんごのき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりぼっちのりんごのき

  • 絵本
作: 三原佐知子
絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「ひとりぼっちのりんごのき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月01日
ISBN: 9784834026375

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・32ページ

出版社からの紹介

ある農家のそばに生えている小さなリンゴの木は、大きなリンゴの木でいっぱいのリンゴ園に
いきたくてしかたありません。春、まっ白に咲いた花に集まったミツバチにたのんでも、
秋、赤く実った実を食べにきたカラスにたのんでも、リンゴ園にいくのは無理でした。
でも、冬が過ぎ、翌年の春、小さなリンゴの木は、自分のまわりに新しいリンゴの木の芽が
顔を出しているのに気づきました。

ベストレビュー

リンゴの木は動けないけれど

リンゴ園から離れた場所に育った一本のリンゴの木は、仲間たちのところへ行きたくて仕方ありません。
このシチュエーションにどの様な意味を求めれば良いのでしょう。
木は動けないのです。
でも、仲間を作ることはできるのですね。
カラスのおかげでしょうか?
落ちた実から新しい息吹きが芽生えて来ました。
いつの日にか大きく育って仲間が増えるのでしょうか。
おじいさんたちが育ててくれるのでしょうか。
小さなリンゴの木の願いがかなうように、祈りたいと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三原佐知子さんのその他の作品

よるってしってる?

なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / なきむしおばけ / かみなりゴロスケ / ぞうくんのおおかぜさんぽ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ひとりぼっちのりんごのき

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット