雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
ひとりぼっちのりんごのき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりぼっちのりんごのき

  • 絵本
作: 三原佐知子
絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひとりぼっちのりんごのき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年04月01日
ISBN: 9784834026375

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
20X27cm・32ページ

出版社からの紹介

ある農家のそばに生えている小さなリンゴの木は、大きなリンゴの木でいっぱいのリンゴ園に
いきたくてしかたありません。春、まっ白に咲いた花に集まったミツバチにたのんでも、
秋、赤く実った実を食べにきたカラスにたのんでも、リンゴ園にいくのは無理でした。
でも、冬が過ぎ、翌年の春、小さなリンゴの木は、自分のまわりに新しいリンゴの木の芽が
顔を出しているのに気づきました。

ベストレビュー

リンゴの願いをかなえようとしたカラスたち

家の近くにある、ちいさなりんごの木は、一人ぽっちなので
たくさんの木が植わっているところに行きたいと思っていたようです。
リンゴの木は、人やミツバチなどに、みんなのところに連れて行ってと
頼みますが、人には聞こえないし、ちいさな虫たちには無理です。
カラスたちだけが、願いをかなえようと引っ張ってくれました。
願いはかなわなかったけれど、実が落ちたおかげで、
新しいリンゴの新芽が周りに生えてきました。
ちいさなリンゴの木は、もうさみしくはないようです。
周りの芽がすくすく育ってやがて家族となるのでしょうね。
カラスさんよく頑張ってくれましたね。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三原佐知子さんのその他の作品

よるってしってる?

なかの ひろたかさんのその他の作品

おしりをふく話 / てんじつき さわるえほん ぞうくんのさんぽ / なきむしおばけ / なきむしおばけ / かみなりゴロスケ / ぞうくんのおおかぜさんぽ



ともだちってなんだろう?

ひとりぼっちのりんごのき

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット