ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
あほう村の九助
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あほう村の九助

作: 大川 悦生
絵: 福田 庄助
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年06月
ISBN: 9784591004029

2歳〜5歳
サイズ :26.5cm x 21cm ページ数 :33ページ

出版社からの紹介

いばりくさってあほう村にやってきたお代官を、九助と村人たちは、あの手この手でさんざんにこまらせ、追い返してしまいます。――岡山の民話。

ベストレビュー

あほう村のほうが 一枚上手のおもしろさ

ずいぶん前に私が買っていた本です
先日お話会で 素話をした人の話を聞いて 本を久しぶりに読んで、おもしろく 笑えてきました
昔の 百姓は 年貢を取られて貧しい生活を強いられていたのですが このあほう村の 九助(くすけ)は なかなかの知恵者で どきょうもあり 一休さんのとんちのようでもあります

九助さんは「いまから りこうもんに なろうたって おそいけぇ みな あほう村の ダラズ(ばかもの)の ほんまな ダラズに なっとりゃ ええ。」

なかなか 度胸があるな〜 こんな風にみんなに言って みんなに勇気と開き直りで  悪代官を村から追い出す話です

話の中で 落語のようなおもしろさがあり 笑えます!
ちょうず(てあらいのこと)ー長い〜頭

だいこんおろしー 代官の頭に大きな大根を おろしてあたまにあてて怒らせる
こんな ナンセンスが おもしろく 笑えるのです (こどもでも このおかしさが 分かる子に お奨めです)

ヘヘラ ヘヘラ ヘヘラ・・・・・・とわらうのも九助さんの知恵で 村中のものが あほになって 笑うのです

あほになる これは ばかげているようで なかなか なりきるのはむつかしいものです。

これをやりきった 九助さんたちは 悪代官の一枚上手

なんだか すかーと いい気分になれます。 笑いで吹き飛ばす おもしろさの昔話です
ふくだ しょうすけさんの絵は 暗い感じですが 村人たちの表情がじつに良いです!
一人一人の個性の表れた 描き方で みんな あほでも 力のある 人間やと 思わせてくれました( 昔話にピッタリの絵ですね)
 

(おにのよめさんの絵本の絵もふくださんです。 私はこの絵本もだいすきです!)

昔話のおもしろさを楽しめましたよ!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大川 悦生さんのその他の作品

ポプラ文庫 おかあさんの木 / ポプラポケット文庫 おかあさんの木 / 日本むかし話(7) したきりすずめ / 日本むかし話(4) かさじぞう / 山のかあさんと16ぴきのねずみ / アオギリよ芽をだせ 被爆した広島の木

福田 庄助さんのその他の作品

ふしぎなひこうき / かもとりごんべえ / おかあちゃんごめんね / 紙芝居 おいの森とざる森、ぬすと森 / 天からきた大力童子 / こんやは、なんてふしぎなよる



風変りで美しい表現方法がたくさん!

あほう村の九助

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット