ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
たんぽぽのこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たんぽぽのこと

作: 竹内敏晴
絵: 長谷川 集平
出版社: 温羅書房

本体価格: ¥1,748 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たんぽぽのこと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

セリフとイラストの「間」がいい!

イラストが長谷川集平さんだったので、思わず図書館で借りてきてしまいました。
特に大きな盛り上がりがあるわけではないのですが、春にそよそよと吹く風のように、穏やかで、暖かい絵本でした。
幼稚園の年長さんくらいかなぁ。「わたし」は、初めてお話できたクラスのお友達「よしくん」と、仲良くなれそうな予感にワクワクしながら帰って行きます。
帰り道に見つけた空き地の「たんぽぽ」に感動し、よしくんに話してあげたいな。と、思います。
その後、待ち合わせていた公園で、よしくんは少し大きな男の子にいじめられて泣いていました。
「わたし」は最初、なんと声をかけていいのか考えていましたが、意をけっして話し掛けます。
「あのね、いいこと おしえようか。
 たなかさんちの うらにさ
 たんぽぽが
 いっぱい さいてるんだよ。
 あした また みにいくんだ。
 よしくんも いかない?
 ちょっと よりみちしない?」
このセリフが、いいんだなぁ。そのセリフに合わせたイラストの「間」が、情感がある絵本に仕上がっているように思います。
ちょっと気分が落ち込んでる時、読んでみたくなる絵本ですね。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹内 敏晴さんのその他の作品

はなす 五感のえほん3

長谷川 集平さんのその他の作品

夏のおわり / むねがちくちく / 天使がいっぱい / ぼくが弟にしたこと / あなに / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(13) 古田足日子どもの本



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

たんぽぽのこと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット