雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
せんをひく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せんをひく

言葉: 砂岸 あろ
線: 大倉 侍郎
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せんをひく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年10月

5才〜6才向き
ページ数: 28 サイズ: 26X19cm こどものとも 2010年10月号

出版社からの紹介

2ページ分を縦にして、そこに筆でいろんな墨線を上から下に引いたシンプルな絵本。びゅーん、にょろにょろ、くねくね、ぼてっぼてっ……。線にはさまざまな形があり、そこからイメージされるものもいろいろです。多様にイメージが広がる線を見ていると、きっと子どもたちも、自分で線を引いてみたくなるでしょう。

ベストレビュー

線と擬音の絵本

これが絵本!?と、驚きました。
線のみで、こんなに多彩な表現ができるなんて!
いろんな「線」と「擬音」のみで、本が構成されています。
小さな子は、こういう 枠にとらわれていない本が好きかもしれません。
自由な想像力を広げてくれる一冊です。

(なーお00さん 30代・その他の方 )

出版社おすすめ




『くれくれくまちゃん』 翻訳者 成瀬まゆみさんインタビュー

せんをひく

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット