ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜

  • 絵本
作: ハリー・クロトー
絵: デイヴィッド・クロトー
訳: まえかわとおる
出版社: 冨山房インターナショナル

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784905194040

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

バッキーボールの発見によって、ノーベル賞をいただかれたハリー・クロトー博士が大好きな日本の子供達におくる科学絵本

「10億分の1の世界って、想像できるかい?」冒険が大好きな男の子・ベンジーと、大の仲良しで
とっても賢い犬のブルーノが、五角形を見つけるたびに、どんどん小さくなって、不思議な世界で冒険する絵本。
見たことのない世界で楽しい不思議を知ることで、科学のおもしろさを知ることができます。
1996年にノーベル化学賞を受賞したハリー・クロトーが、子どもたちへ向けた、科学の魅力を語る絵本。

ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜

当日、「ナノってなんなの?」の販売も行います。
お申し込みはこちら→
https://www.toyo.ac.jp/event/detail_j/id/4216/



ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜

ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜

ベストレビュー

ノーベル化学賞の内容!?

最近よく耳にする「ナノ」という言葉のイメージをわかりやすく冒険物語形式で
解説した絵本です。
ナノとは、基礎となる単位の十億分の一の量であるということ。
ベンジー少年は愛犬のブルーノとサッカーボールで遊んでいる時に、
「小さくなる」ことについて考えます。
さらに、サッカーボールの模様、五角形の部分にも着目します。
すると、不思議なことに、「五角形や5つのものがつながってできた輪を見るたびに」
十分の一になっていきます。
面白いのは、小さくなって出会う小さなもの(花粉や白血球、ウィルスなど)に、
五角形や5つのものがつながってできた輪があるということ。
ついに、ナノメートルの世界では、バッキーボールが登場します。
バッキーボール?
60個の炭素原子からなる分子のことです。
実は、このバッキーボールの発見によって、ノーベル化学賞を受賞したのが作者なのです。
つまり、この絵本は、ノーベル化学賞の内容にまで行き着きます。
でも、やはり、そのあたりは大人でも難しいですから、
ブルーノの冒険を通じて、ナノというものを体感してくれれば、いいですね。
そこから、たくさんの興味を得て、大きくなってから関心を持ってもらえれば
いいと思います。
私も思わずバッキーボールについていろいろ調べてしまいました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット