貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おにはそと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おにはそと

  • 絵本
作・絵: せな けいこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784323032184

幼児
A4変型判・24ページ

この作品が含まれるテーマ

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも♪
>>せなけいこ作品のグッズはこちら

出版社からの紹介

豆まきのユニークな絵本!
豆まきで鬼たちは逃げだしますが、残された可愛いちび鬼は人間の子どもたちと仲良く遊びます。
鬼の親分がちび鬼を連れ戻しに、よろいを着て来ますが、豆まきに降参。
親分はちび鬼のお父さんでした。心が和む楽しい絵本。

ベストレビュー

かわいいおに

 節分の夜、やってきた鬼たち。大人の鬼は、豆をまかれて退散しますが、ちび鬼は、こどもたちとすっかり仲良しになります。
 心配した鬼たちは、ちび鬼を助けに行きますが、子供たちにやられてしまいます。子供たちに助けられます。
 鬼も、子供は先入観がないのだな、と思いました。
 鬼が怖いと思っているお子さんにお勧めです。
 節分の時期に是非読みたい本です。
(ほかほかぱんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


せな けいこさんのその他の作品

おばけいしゃ / はらぺこゆうれい / ばけものづかい / ゆうれいのたまご / くずかごおばけ / は・は・は



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

おにはそと

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット