貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
ほたるのおしりに火がついたわけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほたるのおしりに火がついたわけ


出版社: 新世研

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほたるのおしりに火がついたわけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

恋する

ラズべリーさんに蛍が恋してしまって、今だに、「お嫁さんになっておくれよ」と頼んでいると思うと一途な気持ちがいいなあって思いました。ラズべリーが、蛍に恋して反対に立場だった時には、見向きもしなかったのに、若返ってしまうと気持ちも違ってくるものだと思いました。でも、枯れてしまって蛍を甲斐甲斐しく御世話するラズべりーさんの時が健気で可愛かったのに、その時に邪険にした蛍さんにつけがまわってきたのだから仕方ないと思いました。いろいろなことが考えられて面白い絵本だと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ




独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

ほたるのおしりに火がついたわけ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット