庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ユニコーン伝説
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ユニコーン伝説

作: オトフリート・プロイスラー
絵: ガナディ・スピリン
訳: 高橋 洋子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,456 +税

「ユニコーン伝説」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

誰が一番しあわせだろう

『大どろぼうホッツェルンプロッツ』のプロイスラーと『リヤ王と白鳥になった子どもたち』のスピリンの作品。
『リヤ王と…』と同じように中世の伝承世界の重厚さを持っています。

3人の兄弟が、象牙でできた角と純金の蹄と宝石を額に輝かせたユニコーン(一角獣)を捉えに長い長い旅に出かけます。
途中で一番年上の兄は宿屋の娘と結婚して幸せになります。
二番目の兄は砂漠で見つけた金塊で家を買い大金持ちとして留まります。
末弟のハンスはさらに長い旅をつづけてユニコーンと巡り合います。

それからさらに長い年月が過ぎて、故郷に戻ったハンスは子どもたちにユニコーンの話を聞かせます。
子どもたちは森にまだユニコーンが暮らしていることを聞いてほっとします。
ハンスとユニコーンの生活はどんなだったのでしょうか?
すっかり年老いてしまったハンスですが、なぜかしあわせそうです。

この絵本には、悪やドキドキさせる闘いの要素はありません。
兄弟も仲が悪いのでもなく、それぞれに幸せに暮らし始めます。
ハンスがどうなのかが一番のポイントですが、後悔するような旅ではなかったようです。
ユニコーンとの対決を期待して読み始めると物足りないのですが、なぜかほっとさせるお話でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

オトフリート・プロイスラーさんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / かかしのトーマス / 魂をはこぶ船 / 大力ワーニャの冒険 / 小さいおばけ / 小さい水の精

ガナディ・スピリンさんのその他の作品

リヤ王と白鳥になった子どもたち / ヤコブと七人の悪党

高橋 洋子さんのその他の作品

マヌエルとディーディ いっしょがいちばん / マヌエルとディーディ いいことみつけた! / ママおやすみ



たたかえ!じんるいのために!

ユニコーン伝説

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット