もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
はじめてのゆうき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめてのゆうき

作: 相馬 公平
絵: タムラフキコ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「はじめてのゆうき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784338192224

小学校低学年から
A5判/63ページ

出版社からの紹介

としおは、岡山べんを話すお父さんがだいすきだ。お父さんにはなんでも話す。でも…この間からお父さんにかくしていることがある。学校で仲間はずれにされていることだ。仲のよかったまさとくんまで。

ベストレビュー

お父さんにも言えないこと

ここまで子どもに思われたら父親冥利につきるだろうというお話。
大好きなお父さんには何でも話せていたとしおが、初めて嘘をついてしまった。
それは父親を心配させないため、自分のつらさで悲しませさせないため。
いじめにあっていることをどうしてもごまかしてしまう。
それは、としおのやさしさから生まれたものだけれど、子どもの残酷さは優しさを弱さに置き換えてしまう。

でも、としおは大好きなお父さんに言えなかったことを、自分で解決した。
しかもそれはお父さんが時折口にする岡山弁で大声を出したこと。

としおにとってお父さんが何より頼りになる存在だったのだと感じさせます。
ただ、この絵本のように解決できたら良いのですが、親としては子どもが一人で苦しむより話して欲しいと思うのです。
父親は子どものこんな悩みを見抜けません。

児童書ではあるけれど、きれい事として受け取れない本でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


相馬 公平さんのその他の作品

もしもであはは / おとうさんの絵 / ビリーは12さい / ハゲハゲライフ

タムラフキコさんのその他の作品

タイムストーリー 5分間だけの彼氏 / ともだちは、サティー!



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

はじめてのゆうき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット