あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ゆきごんのおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきごんのおくりもの

作: 長崎 源之助
絵: いわさき ちひろ
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ゆきごんのおくりもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1971年10月30日
ISBN: 9784406001397

幼児〜小学校低学年

出版社からの紹介

「ちびなんかあっちへいけ」って仲間はずれにされたみきおくんが、ひとりでつくった雪のかいじゅう“ゆきごん”。“ゆきごん”は正義のみかた、みきおくんのみかたです…。幼いときだれしもがもつ空想の友だちとの交流がおりなすメルヘンの世界。第18回読書感想文コンクール課題図書



ベストレビュー

切なさのある絵とお話

ちっちゃいからと相手にされないみきお君が一人で作り上げた「ゆきごん」。
お母さんには解ってもらえなかったけれど、大事な友だちでした。
ゆきごんと遊びたいのだけれど、みきお君は風邪をひいてしまって外に出られません。
ゆきごんはみきお君を待ちながら、だんだん溶けていきます。
みきお君が元気になった時に、かすかに残っていた家の前の雪の跡。
しみじみとしてしまいました。
子どもの作り上げた空想の世界だけれど、とても大切な友だちだったのです。

お話がちょっぴり切なさをもっているところに来て、岩崎ちひろさんの淡い単色のえが、想像力を掻き立てます。
姿の見えないゆきごん。
背景に溶けてしまいそうな登場者たち。
雪の解けていく中でぽつぽつと表に出てくるどろんこ色でまとめられていて、心憎いばかり。

じんわりと心の中で溶けていくような絵本です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

いわさき ちひろさんのその他の作品

なまえをつけて / いわさきちひろ名作絵本 あおいとり / いわさきちひろ名作絵本 愛蔵版 おやゆびひめ・あおいとり / いわさきちひろ名作絵本 はくちょうのみずうみ / いわさきちひろ名作絵本 おやゆびひめ / いわさきちひろ名作絵本 しらゆきひめ



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

ゆきごんのおくりもの

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット