貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
こいぬ、こいぬ、わたしのこいぬ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こいぬ、こいぬ、わたしのこいぬ

  • 絵本
作: キャサリン・アンホルト ローレンス・アンホルト
絵: キャサリン・アンホルト ローレンス・アンホルト
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こいぬ、こいぬ、わたしのこいぬ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784198607838

5歳から

出版社からの紹介

いぬが大好きなアンナ。なのに、アンナの家には本物のいぬはいません。「ねぇおとうさん、かわいいこいぬを飼おうよ」アンナの願いがかない、こいぬがやってきますが…。初めていぬを飼う期待と喜び。小さなこいぬがいつしか大切な家族になっていく姿を、いきいきと明るい色彩で描いた絵本。

ベストレビュー

わたしにぴったりのいぬはどんないぬ?

アンナは犬が大好き。アンナの部屋はあらゆる犬グッズで埋まっています。でも、本当の犬はいませんでした。そんなアンナが子犬を家に迎えることになりました。覚悟をしていたとはいえ、子犬のいたずらはだんだんエスカレート。とうとう「こんないぬ、だいっきらい!」と叫んでしまいます。そんな子犬が本当の家族になるまでのお話です。
可愛い犬の絵が沢山あって、自分だったらどんな犬がいいかしらと考えるのも楽しいですよ。
(はんねすさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キャサリン・アンホルトさんのその他の作品

チンプとジィー あそびましょ / チンプとジィーおとだしてあそぼ / おねえさんになるひ / かぞえてみよう、1、2、3 / こども

ローレンス・アンホルトさんのその他の作品

わすれられた もり / ドガと小さなバレリーナ / ピカソとポニーテールの少女 / ゴッホとひまわりの少年 / モネのまほうのにわ / レオナルドと空をとんだ少年

なかがわ ちひろさんのその他の作品

あかちゃんがどんぶらこ! / ちっちゃい おおきい おんなのこ / いっしょにおいでよ / たくさんのドア / まほろ姫とにじ色の水晶玉 / きょうりゅうたちのクリスマス



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

こいぬ、こいぬ、わたしのこいぬ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット