もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ぼくらの地図旅行
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくらの地図旅行

  • 絵本
作: 那須 正幹
絵: 西村 繁男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくらの地図旅行」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年01月
ISBN: 9784834008265

自分で読むなら 小学中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

どんでんがえしの結末が楽しい、地図の絵本。主人公は小学生の男の子。岬の灯台まで歩く2人の友情を軸に、地図の読み方、使い方を解説しています。

ベストレビュー

本当に大切なものは・・・・・

小学5年生の2人が地図旅行をします。目的地は隣町の海岸沿いの灯台。地図を片手に、2人の地図旅行始まりますが、順調にはいきません。最大のピンチは、頼みの綱「地図」が完璧ではなかったこと。
地図旅行は、のどかな田園風景・働く人々・豊かな自然・地元の人との暖かなふれあい・・を交えながら、進みます。
地図にあるはずの「灯台」がない・・・2人はケンカになってしまいます。そして・・・
引かれたレールの上を進むことより、自ら考え、行動し、目的を達成した2人はたくましく思えます。地図は大切、でも
もっと大切なものもあるのです。
2人はお互いの存在があって、今があることに気づくのです。
小学4〜6年生くらいの子供さんと一緒に読んでみてはいかがですか。
(KURUMIさん 40代・ママ 女の子16歳、男の子14歳、男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


那須 正幹さんのその他の作品

塩田の運動会 / 少年たちの戦場 / ポプラ文庫 ズッコケ中年三人組 それいけズッコケ40歳 / ズッコケ熟年三人組 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / ポプラ文庫 ヒロシマ 1949 歩きだした日

西村 繁男さんのその他の作品

ことばさがし絵本 あからん / おばけもこわがるおばけ / タコのたこきちくん / むらの英雄 / びんぼうがみじゃ / あいうえおのえほん



ヨシタケシンスケさんがトホホな新米父を描いた育児マンガ

ぼくらの地図旅行

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット