ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ダメ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ダメ!

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: いもと ようこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784333024766

3歳から

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いもとようこ賞、佼成出版社賞決定しました!

出版社からの紹介

大好きなプリンをゆっくり食べようと楽しみにしていたのに、「遅いから、手伝ってやるよ!」と、くまくんに食べられてしまったりすくん。食べられたのもくやしいけど、「ダメ!」って言えなかった自分がもっとくやしい。「このまま言わんかったら、ずっとこのままや」。ねる前に考えたりすくんは、その気持ちをくまくんに伝える決意をしますが……。

ダメ!

<ポイント>
・勇気を出すことの大切さ
・自分の意見はきちんと伝えよう
・友だちのあたたかさ

<おうちのかたへ>
勇気の一言でパワーアップした友情
教育評論家 尾木直樹
 自分より強い相手に、言いたいことを伝えるには、誰だって勇気がいります。「怒られるかな」「イヤなこと言われちゃうかな」「聞いてもらえないかな」など…考え出すとキリがありません。子どもだけじゃありません、大人だって同じです。
 この絵本の中でも、りすくんは、自分より強くて大きいくまくんに、「あやまって」の一言を言うのに悩みに悩みます。お布団の中でも…。
 でも悩みぬいたすえ、勇気をふりしぼって、はっきりと「あやまって!」と自分の気持ちを素直に伝えるのです。
 なぜ、りすくんは勇気を出せたのでしょうか。
 それは、「自分の気持ちにうそをつきたくないという気持ち」、すなわち「プライド」が心の中に渦巻いていたからです。
 単にくまくんに「プリンを食べられてしまったこと」が悔しかっただけなら、お母さんにグチを言って自分の気持ちをなだめることができたかもしれません。でも、りすくんは、これまでにも自分の気持ちを伝えられなかった後悔の経験がいくつもありました。だから、「もう、自分の気持ちにうそはつきたくない!」と決意したのです。
 また、これがりすくんの嫌いな相手だったら、あきらめることができたかもしれません。でも、大好物のプリンを食べてしまったのは、よりによって、お友だちで仲良しのくまくんだったのです。
 りすくんは、きっとくまくんに、本当の自分の気持ちを伝えたかったのだと思います。これまで、「いいよ」と許してきたことも、本当はイヤだったのだと。自分のこと、もっとわかってほしいと……。
 そんなりすくんの真剣な気持ちが伝わったからこそ、くまくんは、素直にあやまってくれたのでしょう。こうなれば、二人の友情はさらにパワーアップ。勇気の一言から、お互いのそんけい尊厳を尊重し合える、新たな関係性が生まれたのです。


<編集者から>
この絵本は、いもとさんの作品の中ではとっても珍しい、関西弁をしゃべるくまくんと、りすくんが登場します。くまくん自身は悪気は全くないのですが、その大きい体と大きい声に、りすくんはつい遠慮してしまいがち。でも、りすくんは、自分が思っていることをちゃんと伝えられなかったことを悔しく思って、勇気をふりしぼって、くまくんに気持ちを伝えるのですが、そのシーンは読んでいて力が入ります。「りすくん、頑張れ!」。
勇気を出した後の、りすくんとくまくんのすがすがしい笑顔を見ていると、とても幸せな気持ちになりますよ。

ベストレビュー

本当の友情☆

リスくんタイプの息子はイヤなことがあっても、なかなかお友達にやめてと言えない。リスくんが息子のように思えてきて、胸が熱くなりました。
ダメ!って言うのはとても勇気のいること。大好きな友達ならなおさら伝えるべきかリスくんのように葛藤する気持ちも分かります。でも、このままじゃダメ、このままの自分ではダメだと思って勇気を振り絞るリスくんの姿に感動しました。

また、まったくの悪気がなかったクマくんも、リスくんの気持ちが分かってイチゴを分けてくれようとして、本当はとっても優しいのですね。

ちょっとの勇気で二人の関係はさらに素晴らしい友情で結ばれましたね。仲良くイチゴを食べる姿がとても微笑ましかったです。

なかなか勇気の出せない息子に読んであげたい一冊になりました☆
(アップルレモンさん 30代・ママ 男の子2歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

くすのき しげのりさんのその他の作品

ええたま いっちょう! / はるですよ / 100えんのにじ / はじけろ!パットライス / おにぼう / 「ごめんなさい」が いっぱい

いもと ようこさんのその他の作品

たんぽぽのおかあさん / イソップどうわ / ラプンツェル / 3びきのこねこ / ピノキオ / きつねのがっこう



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

ダメ!



全ページためしよみ
年齢別絵本セット