ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
What Can a Hippopotamus Be?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

What Can a Hippopotamus Be?

ベストレビュー

「No.」の味わい

『ぼちぼちいこか』の原書です。
軽快な関西弁での訳出が人気で、先日幼稚園で読んだ時は
園児たちがオチの度に、椅子から転げ落ちて爆笑(←吉本新喜劇の定番!さすが関西人!)、
とても壮観な光景でした。
かばくんがいろいろな職業を夢見るのですが、ことごとく失敗、
というストーリーです。
失敗のシーンで使われる「No.」は、シンプルで、それはそれで
絵と相まって可笑しさを誘うのですが、
そのあたりを関西弁で意訳したところは、脱帽ですよね。
原書では、「hippopotamus」という言葉の響きが何ともいえません。
思わず綴りを覚えてしまいました。
今度、中学校で2年生の読み聞かせの助っ人をするのですが、
『ぼちぼちいこか』と原書を持っていくつもりです。
翻訳の面白さも少し、語ってこようと思っています。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

出版社おすすめ


マイク・テイラーさんのその他の作品

3Dでびっくり!は虫類 / 3Dでびっくり!こん虫とクモ / 恐竜学入門



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

What Can a Hippopotamus Be?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット