ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
真二つ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

真二つ

作: 山田洋次
絵: 鈴木 靖将
出版社: 新樹社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「真二つ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

あ〜、この柔らかさが無くなってきたなぁ〜

 「めだま」も楽しみましたが、こちらの作品も素敵な創作落語絵本です。
 
 噺の枕も愉快で、スーッと落語の世界へ入って行けます。

 神田錦町の古道具屋の甚平衛さん。
 少しばかりずる賢いところが無くちゃ勤まらない商売。
 甚平衛さんには、難しいようで霊験あらたかな成田のお不動様へ祈願に出かけることに。
 当時は片道二日がかりの大仕事。
 夜は浦安に泊まり、翌朝成田へ。

 お参りを済まし、帰路昼飯時に民家の縁先を借りる事に。
 このあたりが当時ののどかで人情味ある様子です。

 さて、お茶など出してもらってにぎり飯を頬張っていたら、豊作の大根が、竹ざおが間に合わず、薙刀にまで掛け干してありました。
 刃先に止まるもの触れるもの見事なまでの真っ二つぶりに、や?や?っと目を凝らして見れば、備前の国の名刀匠の作品。
 そこで、甚平衛さんは、この薙刀を上手く安価で譲り受け、・・・。

 この後の甚平衛さんの行動が、やはりお人よしの商売上手とはいえない所以と納得しつつ大笑い。

 池の中に投げ込まれた刃先を拾おうと飛び込み、わが身も真っ二つになってしまうくだりは、聞くだけならば笑えますが、大人の私にはちょっと背筋が凍るようなブラックユーモアとして、引きつってしまいました。

 息子は、なんとも淡々としたものでカラカラと笑っていました。
 あ〜、この柔らかさが無くなってきたなぁ〜。 
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山田洋次さんのその他の作品

絵本・おとうとII はじめての学校 / 絵本おとうと / めだま

鈴木 靖将さんのその他の作品

ひろったらっぱ / 里の春、山の春 / げたにばける / うまやのそばのなたね / にひきのかえる / かげ



『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』 なかやみわさんインタビュー

真二つ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット