すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
のえんどうと 100にんのこどもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のえんどうと 100にんのこどもたち

作・絵: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「のえんどうと 100にんのこどもたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784834025965

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 32 サイズ: 20X27cm

出版社からの紹介

丘の上で生まれた100人のノエンドウ。早く外の世界を見たいと、さやの中で願っていたノエンドウの子どもたちは、ある日いっせいにはじけて外の世界に飛び出します。

ベストレビュー

パパーン

のえんどうのおかあさんが、100人の子供を産み育て一人前になるま

での一生が描かれています。

空の色がピンク、空色、黄色の淡いグラデーションが素敵で春の訪れを

感じました。100人の子供たちに平等、公平に接しているのに感心し

ました。忙しくても手抜きしないで育てているのが尊敬できました。

「パパーン、パパーン、パパーン。」と子供たちが一斉に弾き飛ばされ

て行った時には、嬉しくもあり寂しくなったに違いありません。

99人の子供たちは、四方八方に散らばっていったのに、悪戯っ子だけ

は飛べなかったけれど、おかあさんの近くにいて甘えることが出来たし

おかあさんも悪戯っ子の問題児を見届ける事ができて安心して永遠の

眠りにつけたと思いました。子供たちを太陽に託して、安やかに眠った

と思いました。母親の愛情をいっぱいに受けた子供たちは、又自分の

子供たちにもいっぱいの愛情を注いで受け継いでいくのです。

母親の偉大さを感じた絵本でした。

【事務局注:このレビューは、「のえんどうと 100にんのこどもたち」こどものとも に寄せられたものです。】
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


甲斐 信枝さんのその他の作品

ちいさなかえるくん / きゃべつばたけのぴょこり / のげしとおひさま / 稲と日本人 / きゃべつばたけのいちにち / ぼくはたね



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

のえんどうと 100にんのこどもたち

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット