宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おしゃまなリリーとおしゃれなバッグ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃまなリリーとおしゃれなバッグ

作・絵: ケビン・ヘンクス
訳: 石井 睦美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おしゃまなリリーとおしゃれなバッグ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

おしゃまなリリーワールド!

 リリーは学校が好き。(ふむ、この一言で、うらやましいな〜と思ってしまいました。)ほかにも好きなものがたくさんあります。ピンってとんがった鉛筆、キキキって鳴るチョーク、まっかなブーツがカチコチ音を立てるぴっかぴかの廊下も好き。でも、一番好きなのはクラスの先生、スリンガー先生なのです。
 はじけるばかりのリリーの学校生活が描かれて、読んでいてさらにうらやましくなってきます。米国ではとても人気のある作品で、タイトルにもあるリリーのこのおしゃれな紫色のバッグが合わせて売られているほど。邦訳も楽しかったですが、非常に米国的な作品でもあるので、細かな、ちょっとした笑いの部分など日本語にしてしまうと無理が生じてしまうかも。日本の読者には、理解してもらえない状況も登場します。(学校でお菓子を食べたり……。)
(ムースさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ケビン・ヘンクスさんのその他の作品

まどべに ならんだ 五つの おもちゃ / ちっちゃなしろうさぎ / わたしのにわ / はるまちくまさん / とりとわたし / とっても いいひ

石井 睦美さんのその他の作品

12つきのおくりもの / つくえの下のとおい国 / 月まつりのおくりもの / ゆめみるじかんよこどもたち / ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし / ちいさなオレグ



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

おしゃまなリリーとおしゃれなバッグ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット