くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
きつねのかみさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねのかみさま

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 酒井 駒子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2003年12月
ISBN: 9784591079539

幼児〜小学初級向
ラジオ大阪

出版社からの紹介

りえと弟は、きつねの子たちとなわとびをして遊びました。それはりえのなわとびなのに、きつねの子は神様がくれたというのです。

ベストレビュー

子どもが読むか、大人が見るか

りえちゃんが公園に忘れたなわとびのひも。
それを弟のけんちゃんと探しに行ったら…。
なわとびをするきつねたち、きつねのりえちゃんとの遭遇。
なわとびのひもをかみさまからもらったととくいなきつねのりえちゃん。
とってもほのぼのとするお話は、まちがいなくあまんさんのものです。

でもっと、ちょっと考えてしまった私です。
酒井駒子さんの絵は、どちらかというと大人うけする絵のように思っています。
ざらついた感じ、すこし硬度のあるタッチは絵本を読んでいる大人を引き込んでしまう魔力を秘めているような感じがします。

そして、この絵本はあまんさんの世界は間違いなく子ども向け、絵を楽しむ大人には酒井さんの画集です。
一冊で2倍楽しめるというと失礼ですが、あまんさんのお話は数多くの方が絵を描いていて、それぞれに個性があります。
どの絵本でもあまんさんの作品は絵と融合した本にしあがっていて、絵を突っぱねないところが魅力です。
酒井さんは、どの作家の絵を描いても必ず自分の世界に引き込んでしまうのが魅力です。

あなたはどのように感じるでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

酒井 駒子さんのその他の作品

森のノート / カーネーション / 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと / マルの背中 / 子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 / なきむしこぞう



映画『ゆずりは』試写会レポート

きつねのかみさま

みんなの声(77人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット