しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
いちばんちいさいもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちばんちいさいもの

作: 高坂 知英
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

かがくのとも、すごいです。

1971年12月に発行された、かがくのともです。

身の周りのもので大きさを比べるところから始まり、単純に
身近なものの大きさ比べの絵本かな?と思ったのですが、
とても大きな山でも遠くから見ると小さく見えるといった、
視覚的な大きさにも触れていき、ハッとさせられます。

そしてさらに「近くで見ても小さいものは本当に小さいのだ。」と、
本当に小さいものの世界へと導きます。
子供向けの絵本ですから、どの程度まで掘り下げるんだろう?
何を「いちばんちいさいもの」として提示してくれるんだろう?と
少しワクワクしながら読んだのですが・・・

なんと!
顕微鏡でしか見れない世界、分子、原子、中性子、電子といった
レベルにまで掘り下げていて、びっくりしました。
子どもの頃にこんな絵本を読んだら、きっと、見るもの全て不思議に
思えてくるでしょうね。そして、どうしてだろう?なんでだろう?と
好奇心が自然に芽生えてくるのではないでしょうか。

こういう絵本は、すごく貴重だと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

いちばんちいさいもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット