もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
わらしべ王子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わらしべ王子

作: 斎藤 公子
絵: 儀間 比呂志
出版社: 創風社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「わらしべ長者」沖縄版

「わらしべ長者」というと、もっていたわらしべを交換することで貧乏人が長者になって行く様を描いた、どちらかといえばほんのりぬくもりがある民話のように思っていたのですが、このお話はちょっと違います。

沖縄がよその国に侵略されて、たろうのお父さんは殺されました。
たろうは沖縄を離れて小さな島に逃げてきたのです。
その太郎が重い病に伏せた母から受け取ったわらしべ一つ。
そのわらしべが、太郎を王子にするというお話です。
沖縄にもどり、侵略者を追い出します。
機知にとんだ方法と、島民を奮い立たせる信望。
「わらしべ長者」の沖縄版はとても熱く、骨太です。

その侵略者とは誰だろう。
民話ですから、歴史事実は遠い昔のことかも知れませんが、儀間さんが描くととても含みが多く感じられます。
日本で唯一の戦場だった場所。
日本人(やまとんちゅう)にも裏切られてきた場所。
嘗ての琉球王国は、沖縄独特の世界の中にいるような気がします。

「わらしべ王子」そのものは爽快なお話として、子どもウケするような気がしましたが、この絵本はそれだけに終わっていません。
物語の後に重厚な解説があります。
この話をモチーフにした児童画があります。
木村次郎さん作詞、丸山亜季さん作曲の歌が5曲、歌詞と譜面がおさめられています。
残念ながら、譜面から曲をイメージ出来なかったのですが、この絵本に込められた思いの濃さを充分に感じます。

読む人によって感想はいろいろだと思いますが、お薦めします。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斎藤 公子さんのその他の作品

森のなかの三人の小人

儀間 比呂志さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねむりむし じらぁ / 飛びアンリー / りゅうになりそこねたハブ / やんばるのカメさん / 赤牛モウサー / りゅう子の白い旗



第12回 『あったかいな』の片山健さん

わらしべ王子

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット