ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
紙芝居 くもにのったポグちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 くもにのったポグちゃん

作・絵: いしい つとむ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 くもにのったポグちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784494091065

3歳〜
B4判・26.5×38.2cm・12場面

ポグちゃんがお山をさんぽしていると、雲がもくもくでてきました。
ポグちゃん、雲の中。気づいたら、ふわふわ雲の上にのっています。
おやつを食べながら、どうやっておりたらいいのかしら、と不安でしたが、
山の動物たちのおかげで、ちゃんとおりることができました。

ポグちゃんは、おっとり、のんびり、何がおきてもマイペースのこぐまの女の子。

雲に乗っても、あわてずにおやつをパクパク。どうやって、ポグちゃんは下に降りられたのでしょうか?

たくさんの小鳥がやってきて、雲にのっていっしょにおやつをパクパク。
すると、重たくなって雲はゆっくり、ふんわかぷんわか下におりていきますよ。ポグちゃん、まったく気づきません。
つぎに、リスさんたちや、ヘビさんたちも、ピョーンピョーンととびのってきて、おやつをパクパク。
雲はふんわかぷんわか、下におりていきます。そして……。

ポグちゃんの、のんびりした空のおさんぽを、ゆっくりのんびり演じてみてください。

ベストレビュー

乗ってみたいよね

雲に乗るというと孫悟空のイメージが

強いんです。

タイトルをみて、そんな感じで男らしく

冒険をするようなお話かなと思いました。

でも、とーってもかわいらしいお話でした。

ゆったりした時間が流れるような

おだやかなお話でした。

一個気になるのが、このこぐまの名前なんです。

ポグちゃんってなんか呼びにくいけど、

どんな意味なのかな?由来が気になります。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いしい つとむさんのその他の作品

ばあばは、だいじょうぶ / うれしいやくそく / ふたごのどんぐり / はなねこちゃん / 紙芝居 ぼくくもくもをひろったよ / 紙芝居 おたんじょうびおめでとう



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

紙芝居 くもにのったポグちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット