もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
とらわれのフェルダ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とらわれのフェルダ

  • 児童書
作・絵: オンドジェイ・セコラ
訳: 関沢 明子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とらわれのフェルダ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784834025712

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学中学年から
23×16cm・144頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

赤アリに捕らわれたフェルダの運命やいかに。2008年に『ありのフェルダ』が出版されて以来、
全国から「早く続きを出してください」というお手紙が編集部によせられました。
当時3年生だった人は5年生に、60歳だった人は62歳になったわけですが、お待たせしました!
『ありのフェルダ』に負けないくらいおもしろい続編『とらわれのフェルダ』がいよいよ発売です。
前作で、あらぬ疑いをかけられてお尋ね者となったフェルダが、飛行船にのって逃げついた先
は、
なんと敵国の赤アリ国。赤アリの少年たちに捕らわれたフェルダは、マルハナバチやトビケラなど様々な虫たちのもとで、
あらゆる仕事をさせられます。あるときはラッパ持ち、またあるときはポンプ押し、ときには、
アリジゴクの穴に仲間のありを追い込む嫌な仕事を命じられるなど、ハラハラドキドキの連続です。
ほかにもたくさんの虫たちが登場します。泳ぎの得意なゲンゴロウの“ サカナオドシ”、
肉食系オサムシの“ ニクダイスキ” など、名前も変ですが、性格も個性的。
フェルダとのかけあいも絶妙で、抱腹絶倒まちがいなしです。

とらわれのフェルダ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オンドジェイ・セコラさんのその他の作品

ありづかのフェルダ / ありのフェルダ

関沢 明子さんのその他の作品

かえでの葉っぱ / なかないで、毒きのこちゃん / お医者さんのながいながい話 / 郵便屋さんの話 / リスとアリとゾウ / コブタくんとコヤギさんのおはなし



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

とらわれのフェルダ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット