なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
わたしのなかの子ども
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのなかの子ども

  • 児童書
作: シビル・ウェッタシンハ
訳: 松岡 享子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,300 +税

「わたしのなかの子ども」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784834022810

一般向き
20×16cm・264 頁

出版社からの紹介

幼少の記憶につながる、宝物のような物語。著者のウェッタシンハさんは、その色彩の豊かさと、
のびのびとした絵で親しまれているスリランカを代表する絵本作家です。
この『わたしのなかの子ども』は、今も著者自らのなかに生きつづける半世紀以上も前の子ども時代の記憶を、
当時の様子を詳細に語る60 余点の美しい挿絵とともに鮮やかに描いた物語です。
物語の舞台はスリランカの南、ゴール市郊外の小さな村ギントタ。
緑の隠れ家のようなこの静かな村で、家族の愛情に育まれながら魅力あふれる村人たちと、
著者は6 歳になるまで過ごします。土地の風土や、悪魔祓いの儀式のような古くからの風習、
四月に迎えるお正月やその後やってくるウェサック祭などの伝統的な行事、
そして互いに支え合って生きる人々ののどかな暮らしぶりなどが、まるでつい最近のことのように
生き生きと綴られ、一昔前の遠い国の美しい村へと私たちを誘います。
少し前の日本の風景ともどこか重なり、そのまま読む人の幼少の記憶にも繋がってゆく宝物のような物語です。
豊富なカラーの挿絵とともに、どうぞお楽しみ下さい。

わたしのなかの子ども

ベストレビュー

なつかしさ

スリランカのしかもかなりむかしの話なのに、
まるで日本の昭和のいなかみたいで
どこかなつかしさをかんじさせます。

でも、悪魔祓いなどは異文化を感じさせ、
おもしろかったです。

ここに流れる時間がゆるやかで、
そこにくらす人びとも余裕があり、
こどもも自由に親戚・近所の家を行き来することができ、
いいなあと憧れました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

シビル・ウェッタシンハさんのその他の作品

スリランカの昔話 ふしぎな銀の木 / ポッダとポッディ / ポッダとポッディ / かさどろぼう / ねこのくにのおきゃくさま / かさどろぼう

松岡 享子さんのその他の作品

おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2) / グリムのむかしばなし2 / お話とは(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ 1) / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

わたしのなかの子ども

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット