ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
うずらのうーちゃんの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うずらのうーちゃんの話

作・絵: かつや かおり
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「うずらのうーちゃんの話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784834026221

小学校低学年から
32 頁・24×20cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

うーちゃんといっしょに大きくなった!
ぼくは幼稚園からうずらをもらってきて、「うずら野うーちゃん」と名前をつけました。
うーちゃんは小さいけれど、元気いっぱいの暴れん坊で、貫禄たっぷり。
でも、ある時猫に襲われ、片足をもがれてしまうのです……。
実際に、子どもと一緒にうずらを飼い、育てていた作者ならではの視点がうまく活かされ、
生き物の生態や生命力が、物語のなかで語られています。
生き物と身近に接することの大切さや喜びが、小学生の子どもたちに自然と伝わる作品です。
作者は、現在60代ですが、大学で油絵や版画を学び、子育てをし、また子どもたちに美術を教えながらも、
絵の勉強を続けてこられました。また、子ども時代には、姉妹で、創刊当時の「こどものとも」など、
たくさんの絵本を読んで、その楽しさを体験されたそうです。赤一色で描かれた、
貫禄のある「うずら野うーちゃん」が活躍するユニークなこの作品は、作者の記念すべき第1作です。

うずらのうーちゃんの話

ベストレビュー

飼育日記

このお話は、男の子が幼稚園からもらってきたうずらのヒナを育てるお話でした。このお話がリアルで、本当に買っているかのようなお話が子供の心をひきつけていました。生き物を飼う大変さや、楽しさが表現されていてとっても良かったです。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

かつや かおりさんのその他の作品

だれの あしあと? / があちゃん



第12回 『あったかいな』の片山健さん

うずらのうーちゃんの話

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット