貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
リュックのおしごと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リュックのおしごと

  • 絵本
作・絵: いちかわ なつこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リュックのおしごと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2002年10月
ISBN: 9784591073827

幼児〜小学初級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

パンやの いぬ リュックには、
だいじな しごとが たくさん あります。
どんな しごとかな?

○作者から
わたしの家には親子の犬がいます。2ひきは親子ですが、
それぞれ性格がちがっていて、いっしょに生活していて、とても楽しいです。
おかあさん犬のリュックは人が大すきで、お客さんがくると大よろこび。
こどものジーナは好奇心旺盛で、家でだれかがなにかを作っていると、
鼻をフガフガさせてのぞいてきます。
もちろん、わたしがこの絵本をかいているときも!
そんな2ひきがいっしょになって、パン屋の犬『リュック』になりました。
そして、わたしの初めての絵本ができました。うれしくてたまりません。

                          いちかわなつこ

ベストレビュー

パン屋さんに行こう

 パン屋さんに住んでいる、リュックにはたくさんの仕事があります。おねぼうなパン職人ジーナを朝一番に起こすこと。パンがおいしそうに並べられていること。そして、一番の大仕事は、焼きたてのパンの味見です。全編にわたって香り豊かなパンの匂いを感じることのできるおいしい絵本です。細部まで描かれた挿絵はパン屋さんのお仕事を少しだけ覗いているような気分になります。とても、おいしそうなパンがたくさん登場します。パン好きな子どもたちにはたまりません。
(ぶらんこさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いちかわ なつこさんのその他の作品

レイナが島にやってきた! / 紙芝居 りんごのき / こぐまの ミモの ジャムやさん / クララ先生、さようなら / 紙芝居 みつごの こぶたの クリスマス / 紙芝居 みのむしくん



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

リュックのおしごと

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット