しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
イカロスのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イカロスのぼうけん

作: 三木 卓
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

イカロスの視点から

ギリシャ神話の再話です。

イカロスは、ミノス王の迷宮を作ったダイダロスの息子。
この絵本は、息子のイカロスの視点から描かれています。
なので文章はイカロスの語り口調になっています。

迷宮の秘密が漏らされることを恐れ、高い塔にとじこめられた
イカロスとお父さんでしたが、窓から海と空を眺めているうちに
空を飛んで逃げ出すことを思いつきます。
鳥の羽を集めて翼を作り、二人は牢の窓から飛び出すのですが・・・

「勇気一つを友にして」という歌をご存じでしょうか。
この歌では、生死を掛けて空へ飛び出したイカロスの勇気を讃える
内容になっていますが、この絵本では、お父さんの忠告を無視して
行動するイカロスの様子が、細かく描かれています。

ギリシャ神話の中のイカロスの話には、
「向こう見ずでうぬぼれた空想をすると酷い目に合う」
という教訓が込められているのだとか。

歌のイメージでイカロスを勇者のように感じていましたが、
この絵本で、ギリシャ神話の本当の教訓を知ることが出来、
良かったと思います。

子どもにも是非読ませたいと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


三木 卓さんのその他の作品

みんななかよしけんかばし / 鹿姫ものがたり / 「えいっ」 / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / ぽたぽた / おやゆびひめ 講談社のおはなし絵本箱



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

イカロスのぼうけん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット