おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ゆきおこし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきおこし

作: 瀬田 貞二
絵: 津田 櫓冬
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

瀬田貞二さんの科学の本

瀬田貞二さんで図書館の蔵書検索をかけていたら出てきた本です。

瀬田さんで雪の本、しかもかがくのとも傑作集ということで、何だか不思議な感じもしましたが、

赤羽末吉さんを勉強した時に、赤羽さんが日本の雪を書きたいと言われて、松居直さんが白羽の矢を立てられたのが、雪に詳しい瀬田さんということらしく、

そんなことを併せて考えると、瀬田さんが雪の本というのも考えられることだと思いました。

「ゆきおこし」とは表紙にもありますが、「ふゆをしらせるくも」ということです。

なかなか雪が降らない地方では感じづらいところですが、雪国の人なら思い当るかもしれません。

雲の季節の動きが書かれていますが

「そして、とうとう ふゆのはじめを しらせるときが あるひ きっぱりと やってくる。」

という表現を読んで、これは知識ではなく体感として雪をご存知なんだなあと思いました。

ただ、瀬田さんのご出身は東京都本郷らしく、どうして雪がお詳しいのかが、今のところ私にはわかっていないのが残念なところです。

昨年、かがくのともの1号から50号までが復刊となりましたが、この本も復刊してほしいです。

福音館書店、たくさんいい本がありますよね。

若い編集の方は、昔の本のことをあまり知られないのかな。

小学校での読み聞かせにも使えそうですし、ああこの本ほしいと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし

津田 櫓冬さんのその他の作品

カッチン / トントコトンがあいずだよ / クオ・ヴァディス(下) / クオ・ヴァディス(上) / ぼくの わたしの こんちゅうえん / ぼくの わたしの すいぞくかん



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

ゆきおこし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット