もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
リトルピンクとブロキガ いろのくに かずのくに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リトルピンクとブロキガ いろのくに かずのくに

  • 絵本
文: カーリン・ヴィルセン
絵: スティーナ・ヴィルセン
訳: LiLiCo
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リトルピンクとブロキガ いろのくに かずのくに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784072764756

26×18cm 判 32 ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

スウェーデンで大人気の絵本がついに日本上陸! おしゃまでおてんばのリトル・ピンクと、おしゃれでかわいいブロキガたちが、数字の世界を探検します。はじめて出会う数字たちに、こわごわ、びくびくのリトル・ピンクたちでしたが……LiliCoさんのつきぬけた訳がまた楽しい、元気で陽気な知育絵本。数字や数を、楽しんで勉強できることまちがいなし! 「ブロキガ」というのは、「いろんないろ、いろんなもの」という意味のスウェーデン語。その名のとおり、ちょっとヘンで、でもかわいくて、ちょこっと気持ち悪いブロキガたちは、これからもどんどん増えていきます。キャラクター・グッズもこの春から日本に上陸。

リトルピンクとブロキガ いろのくに かずのくに

ベストレビュー

意味がわからないけど魅力的

図書館で偶然みつけた絵本です。
とってもかわいらしく、なんだかおしゃれな絵本!
でもブロギガ?リトルピンク?と、すでにあるであろう世界観がよくわかりませんでした。
しかも翻訳がLiricoさんなんですよね。ますます謎。
そう思いながらも借りてみたら、1歳半の息子、かなりの食いつきです。

1ページごとに1、2と数が増えて10まであるのですが、
数と色のお勉強になるような絵本です。
色に惹かれるのか数字に惹かれるのか…はたまた謎のキャラクターに惹かれるのか。
よくわからないのですが何度も読むようにせがまれました。

文章が短く、数字が大きく描かれているので1歳でも十分楽しめます!
とにかく絵がかわいらしいので読み聞かせるほうも楽しめると思います。
(ぺんぎんさんさん 40代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カーリン・ヴィルセンさんのその他の作品

リトルピンクとブロキガ おばけのくに / リトルピンクとブロキガ あるふぁべっとのくに

スティーナ・ヴィルセンさんのその他の作品

やんちゃっ子のギフトセット 全6冊 / やんちゃっ子の絵本 (5) だれがおこりんぼう? / やんちゃっ子の絵本 (4) だれのちがでた? / やんちゃっ子の絵本 (6) だれがいなくなったの? / あたしおねえちゃんなの / やんちゃっ子の絵本 (2) だれがきめるの?



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

リトルピンクとブロキガ いろのくに かずのくに

みんなの声(9人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット