なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
ぴかぴかぷつん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぴかぴかぷつん

  • 絵本
作・絵: 川端誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784892386657


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ベストレビュー

すなつぶ達の物語

川端さんの初期の作品です。97年にBL出版から再販されています。初版は83年文化出版局、次に94年にリブロポートから再販されました。

紙粘土半立体画面にアクリル絵の具で着彩したというとても手のかかった作りで、物を作る人の執念のようなものを感じます。

お話は、地球上に命がまだ発生していないことから存在していた、すなつぶが長い年月をかけて石になり、岩になります。その間に、植物や動物が誕生して動物を狩る人間が現れる。人間は支配層を被支配層にわかれ、殿様の命令で村人達が岩を切り出して石垣を作り、城を築く。そして、そんな城がいくつも出来た時に始まるのが・・・
という内容を数え歌風に綴ったものです。

川端さんの反骨精神、権力への疑問、批判を感じる重みのある1册です。

視覚的表現の凝り方もさることながら、長い内容を数え歌にまとめるのもさぞかし苦労が多かったことと思います。子供達に、それも、小学生高学年ぐらいの子に、ぜひぜひ読んでほしい1册です。

絶版となってしまったのは、絵本であるにも関わらず内容が高度なので、適切な読者層に読んでもらえなかったのではないと思います。我が家でも、4歳の娘にと思って手に取りました。でも、4歳ではこの内容は難しい!

再販、再々版でこの本に出会えたことが嬉しいです。こういう良い絵本はずーーっと残るんですね。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

川端 誠さんのその他の作品

お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

ぴかぴかぷつん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット