だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
車のいろは空のいろ(2) 春のお客さん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

車のいろは空のいろ(2) 春のお客さん

作: あまん きみこ
絵: 北田卓史
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年04月
ISBN: 9784591064436

小学校中学年〜
22cm x 18cm 136ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

松井さんのタクシーのお客さんは、不思議な人ばかり。時にはキツネやタヌキを乗せることだってあるのです。表題作ほか7篇を収録。

ベストレビュー

松井さんと一緒に

「車のいろは空のいろ」シリーズ2作目です。

この本でも前作と同じく不思議で素敵なお話が7話入っています。特に表題の「春のお客さん」と「やさしいてんき雨」が気に入りました。

あまんさんの文章は、本当にリズムがあって読みやすいです。まさに教科書に載っている「白いぼうし」のように、どれも是非声に出して読みたい、そんな作品ばかりです。

松井さんのタクシーは実に不思議なことばかり起きるのですが、それは松井さんの力なのか、はたまた空色タクシーの力なのか・・・いずれにせよ、松井さんと色々様々な体験をしていく心地よさがあります。

お話に出てくる様々な橋や公園、通りや町の名前が、表表紙裏に地図になっているので、息子は読みながら地図で場所を探したりして楽しんでいました。

北田卓史さんの挿絵も、どこか懐かしさを覚えるような温かさがあって素敵だと思います。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ / なかないで なかないで

北田卓史さんのその他の作品

ゆめの中でピストル / つなひきライオン / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 白いぼうし / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 春のお客さん / ポプラポケット文庫 車のいろは空のいろ 星のタクシー / 日本むかし話(10) だいくとおにろく



風変りで美しい表現方法がたくさん!

車のいろは空のいろ(2) 春のお客さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット