だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
レイトン教授 ルークと森のともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

レイトン教授 ルークと森のともだち

  • 絵本
作: 原優子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784097264323

36頁

出版社からの紹介

大人気「レイトン教授」がカワイイ絵本になりました!
大人気ゲームシリーズ「レイトン教授」が、ぬいぐるみ絵本になりました。絵本の物語は、レイトン教授の一番弟子ルークが主人公。ルークは、どうぶつとお話できるという特技を持っています。そんなルークがロンドンを離れ、郊外の森を散策。そこで出会ったとってもかわいいどうぶつたちとの心温まる交流を描いた物語です。
ぬいぐるみ作家・原優子氏が、ぬいぐるみでルークと森のどうぶつを制作。温かくて癒される優しい世界を作り上げています。
もちろん「レイトン教授」には欠かせない「ナゾトキ」もあります。小さなお子様でも簡単に解けるナゾを用意しました。小さなヒントを手がかりに、ルークとどうぶつたちと一緒に親子でナゾトキにも挑戦してみてください。

ベストレビュー

とても良いです

レイトン教授シリーズの少年ルークは動物と話せます。

今回の絵本では、リスと話して、どちらが自分の部屋か、ヒントをきいて当ててあげたり、、、熊の風船をペアで数えるのを手伝ったり、、、迷子の妹みつばちを探すのを手伝ったり。めいろを抜けていきます。

知恵を使うので、幼稚園向けですがとても知育に良いと思います。

途中に、ルークのブローチのかたがみなんかもついています。

最後のページが答えも描いてあります。

小学校低学年でも十分楽しめると思います。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原優子さんのその他の作品

ふわふわゆびにんぎょうえほん なにが すき / はいどうぞ / おやつはなあに / もりのメゾン / 絵本の国のぬいぐるみ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

レイトン教授 ルークと森のともだち

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット