にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節

  • 絵本
文・写真: 大西 暢夫
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年11月
ISBN: 9784265043637

小学校低学年 〜 小学校高学年向け
29.0×22.0 36頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

新潟県十日町市の草木染の染織家のくらしを追った写真絵本。近所で集めた変哲もない草木から、その土地のその季節にしか染められない色が生まれる。深い雪に備え、春〜秋に色を保存し、分業で地域がつながるくらし。手間ひまのかかる作業の向こうに、昔はどの家でも手作りするしかなかった、「布」を作る技術・文化というものにも改めて気づかされる。

ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節

ベストレビュー

草木染作家をリポートした写真絵本です。

草木染作家の岩田さんご夫婦の仕事ぶりをリポートされた写真絵本でした。
岩田さんからは趣味と実益と職人のプロ根性のようなものを作品の端々から感じました。
やはり、なんにでも真剣に取り組んでいる人の姿は美しいです。
特に表紙にもなっている色を生糸に染めているシーンの姿は、すごくカッコ良かったです。

職人さんのお宅を一年くらいかけて取材しているようなので、
絵本の内容としてはとても地味な印象を受けますが、何かをやりたい人や、職人気質の人には興味の持てる作品だと思います。お薦めするなら、小学校高学年から、中学・高校生くらいのお子さんたちです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

大西 暢夫さんのその他の作品

ここで土になる / 農家になろう(2) ミツバチとともに / ぶたにく / 徳山村に生きる / 花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり / ひとりひとりの人



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット