クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ボクも、川になって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボクも、川になって

  • 絵本
作: 里見喜久夫
絵: 牛島志津子
出版社: ダイヤモンド社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月02日
ISBN: 9784478015186

B4変・上製・26ページ

出版社からの紹介

水は、「いのち」そのもの。人は、水が育てた生き物を食べ、水を飲み、いのちを営む。
水から人を見つめ直すと、人が見えてくる。

海から生まれた「水のたまご」は、雨となって地表に降り、地中に潜ったり、地表に出て川となったり、
草や木や虫や鳥など、この星のすべての生き物のなかを流れて、あらゆる「いのち」を育みながら、海へと帰る。
この“水の旅”を、みずみずしい文章と光に満ちた絵で伝える水の絵本。

ベストレビュー

いつか名前の由来を聞かれたときに

我が子は名前に「みず」がつきます。
地球上のほとんどの生き物が水でつながっていて
自分が大きな世界の循環のひとつなんだよということを
感じながら生きていって欲しいという願いを込めて名付けました。
お腹のなかにいるときにはもう名前を決めていて
妊娠中にこの本に出会いました。
まさしく、名前の由来を説明するのにドンピシャな本でした。

絵は木目模様の上に書かれていて、とても暖かく綺麗な絵です。
文章も「水のたまご」とか「ひかりのダンス」とか
綺麗な表現が多いので、読んでいて気持ちがいい。
でもちっちゃい子にはわかりにくいかもしれません。
どちらかというと大人が心をリフレッシュしたいときに
オススメです。

今はまだ0歳の我が子には早いので、自分が初心を取り戻したいときに読んでいます。
我が子にはいつか名前の由来を聞かれた時に読んであげたいと思います。
(ゆべりいぬさん 20代・ママ 男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


里見喜久夫さんのその他の作品

ボクは、なんにもならない



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

ボクも、川になって

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット