大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ファンタージエン 愚者の王
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンタージエン 愚者の王

作・絵: ターニャ・キンケル
訳: 遠山明子
出版社: SBクリエイティブ

本体価格: ¥1,800 +税

「ファンタージエン 愚者の王」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「はてしない物語」への遠足…らしいです

上の子の朝読用に用意した本です。
カバー絵の作りがとても凝っていて、目を惹きます。
後書きを読むと、この物語の意図がはっきりとわかるのですが、本書は、「ファンタジーの名作『はてしない物語(ミヒャエル=エンデ:作)』の世界に遠足に行こうじゃないか」と、エンデの元担当編集者が企画したシリーズで、
昔『はてしない物語』に夢中だった子どもたち6人(現在作家として活動している)が、『はてしな物語』のサイドストーリを描く!というものの1冊でした。

さて、私も昔エンデの『はてしない物語』に出会い、何度も読み返し、公開された映画も見てきた自称フリークですので、
図書館でこの本に出会ったとき、「なに!?」と、驚いて借りてきました。
うちの子どもたちには、半ば無理やり『はてしない物語』は音読で、読み聞かせたくらい、出会ってほしい・触れてほしい物語でしたが、
やはり、企画としては面白いものの、別の作家が、あの「ファンタジーエン」の世界を描こうとすると、やはり全く別物、まがい物の印象がぬぐい切れず…。
ファンにとっては、微妙な気分でした。

このシリーズ、現在邦訳されているのは「秘密の図書館(ライフ・イーザウ:作)」が、あるそうです。

本書も一つの物語としては、決して悪くない。ファンタジーの王道を行くなかなか面白いお話なのでので、興味のある中学生。高校生くらいのお子さんたちにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

遠山明子さんのその他の作品

天空の少年二コロ (3) 龍とダイヤモンド / 愛の一家 あるドイツの冬物語 / 天空の少年二コロ (2) 呪われた月姫 / 天空の少年二コロ (1) 消えた龍王の謎 / 氷の心臓 / パパは専業主夫



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ファンタージエン 愚者の王

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット