宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ビターチョコレート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ビターチョコレート

作・絵: ミリヤム・プレスラー
訳: 中野 京子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年03月
ISBN: 9784378007359

A5判/200ページ

出版社からの紹介

エーファは自分が誰にも好かれず孤独なのは太っているせいだと思っている。その苦しみを忘れるため彼女はひたすら食べ続けるが…。

ベストレビュー

現実の自分とのかい離

本によってはミリアム・プレスラーとなっているかもしれませんが、『マルカの長い旅』を紹介された時に、

『ビターチョコレート』という作品もあるということを聞き、『マルカの長い旅』の後、読んでみました。

15歳のエーファは、自分がもっと痩せていたら友だちからも好かれるのにと思っています。

自分の容貌に自信が持てないために過食と拒食を交互に繰り返す生活を送っています。

思春期は、自分がこうなりたい自分と、現実の自分との乖離が著しい時かもしれないと思いました。

大人になっても、こうあらねばと思うと、等身大の自分というのは受け入れがたいものかもしれません。

自分自身を受容できてこそ、人との関係も楽になり、自分の世界も広がるものだと思います。

エーファの内省する姿は時に痛々しく写りました。

ただ、痛々しいだけではなく、自分を変えていける力を誰でも持っているという点は希望が持てる作品だと思います。

15歳の少女が主人公という作品の割には、分量的にはさほど多くなく、すぐに読めました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミリヤム・プレスラーさんのその他の作品

マルカの長い旅 / もっと!そばかすイェシ / そばかすイェシ / 幸せを待ちながら



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ビターチョコレート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット