クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぐりぐりくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐりぐりくん

  • 絵本
作: 五味 太郎
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784871100717

240×210mm・32ページ

出版社からの紹介

老若男女、すべてのひとに贈ります。
ぐりぐりくんはぐりぐりするのが得意です。
ぐりぐりくんに ぐりぐりしてもらうとすっきりします。
ぐりぐりくんに ぐりぐりしてもらうと気分がおちつきます。
ぐりぐりくんに ぐりぐりしてもらうとちからがわいてきます。
なんだか元気になってくる。ふしぎとあたまが冴えてくる。
『ぐりぐりくん』は、そんな絵本。


「ぐりぐりくん」こういうやつがいるんですよ。
案外身近に。でもぐりぐりくん、サーウ゛ィス業ではないから呼んでもきませんし、予約もできません。
もちろん来ないでって断ることもできません。ぐりぐりくんに関して、あなたは無防備です。
そこのところがおそろしい。そこのところが問題だ。
でもそれはぐりぐりくんにしても同じで、ぐりぐりすべきときはぐりぐりしなくてはならないし、やめたりさぼったりはできないのさ。
そこのところが辛い。そこのところが問題だ。で、お互いさま、というあたりで、なんとか…――五味太郎

ベストレビュー

既婚者ぐりぐり。

果たしてぐりぐりが本当にいいものなのかどうかはやられた本人にしかわからない。ぐりぐりされるとぽろっと本音が出てしまうようなので、本音と建前の間で生きている私は、ぐりぐりくんにぐりぐりされないように気を付けなければ…と思いました。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / カッターであそぼう! / 色の紙の本 / CUT AND CUT! キッターであそぼう! / 行ったり来たり大通り / つくえはつくえ



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

ぐりぐりくん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット