サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
ぐりぐりくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐりぐりくん

  • 絵本
作: 五味 太郎
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784871100717

240×210mm・32ページ

出版社からの紹介

老若男女、すべてのひとに贈ります。
ぐりぐりくんはぐりぐりするのが得意です。
ぐりぐりくんに ぐりぐりしてもらうとすっきりします。
ぐりぐりくんに ぐりぐりしてもらうと気分がおちつきます。
ぐりぐりくんに ぐりぐりしてもらうとちからがわいてきます。
なんだか元気になってくる。ふしぎとあたまが冴えてくる。
『ぐりぐりくん』は、そんな絵本。


「ぐりぐりくん」こういうやつがいるんですよ。
案外身近に。でもぐりぐりくん、サーウ゛ィス業ではないから呼んでもきませんし、予約もできません。
もちろん来ないでって断ることもできません。ぐりぐりくんに関して、あなたは無防備です。
そこのところがおそろしい。そこのところが問題だ。
でもそれはぐりぐりくんにしても同じで、ぐりぐりすべきときはぐりぐりしなくてはならないし、やめたりさぼったりはできないのさ。
そこのところが辛い。そこのところが問題だ。で、お互いさま、というあたりで、なんとか…――五味太郎

ベストレビュー

ぐりぐりが楽しい

大人が読んでも結構楽しめる絵本です。

ぐりぐりされる側の気持ちも書かれてるのですが、
小さい子にはちょっとわかりにくい所があるかもしれません。
大切なのは愛!と言ってる女の人がでも先立つものがないとねぇ・・・と
本音を言ってしまう所は子供への説明にちょっと困りました(笑)

しかし、意味は良くわからなくても「ぐりぐり」の響きがとにかく楽しいらしく
4歳息子は喜んでいました。

上の子(小学生)も自分で読んで意味も理解できて面白かったみたいです。
(ともっちーさん 40代・ママ 女の子8歳、男の子3歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / ゆっくりおでかけ / 勉強しなければだいじょうぶ / 五味太郎 絵本図録 / くじらだ! / きみはしっている



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ぐりぐりくん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット