貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おにはうち!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おにはうち!

  • 絵本
作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2000年11月
ISBN: 9784494005949

3歳〜
B5変型判・20.7×22.2cm・32頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

園庭の外に見慣れない子がいます。名前は「にお」くん。みんなと一緒に野球して遊ぶと…。

ベストレビュー

おにはうち?

子供が大好きで、何度も読んだ本です。子供達が遊んでいるところに、おにが頭のつのをかくして、遊びにやってきて、怪我をしそうになった校長先生を助けます。そのうち、節分のまめまきが始まってしまい、おには逃げていってしまいます。おにに気が付いていた校長先生は「いいおには〜〜うち〜〜〜」とまめまきを始め、子供達がおどろく...と、いった内容の話です。人はみかけによらない...という教訓の話で、親があれこれ説明しなくてもス〜ッと子供の心に入っていってるな〜〜と感じます。今は子供社会も人間関係が複雑なようですが、みんなに読んでほしいな〜と思います。
(でかこさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

おとのさま、小学校にいく / あれ あれ だあれ? / ごはんのにおい / きょうふのおばけにんじん / おしりフリフリ / みんな生きている

村上 康成さんのその他の作品

しあわせならてをたたこう / きょうはたんじょうび / 新版 星空キャンプ / だちょうさんのたまご / しろいちょうちょがとんでるよ / おもち!



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

おにはうち!

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット