あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
マンホールからこんにちは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マンホールからこんにちは

  • 児童書
作・絵: いとう ひろし
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「マンホールからこんにちは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年01月
ISBN: 9784198614737

小学校低中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おつかいの帰り道、かどをまがると、道のまんなかにでんしん柱がたっていた。へんだな、と思ってちかづくと、それはマンホールから首だけ出したきりんだった…。毎日のなにげない暮らしの中にかくれている「不思議」を人気作家が描く楽しいナンセンス・ストーリーの傑作。おつかいに行くのが楽しみになりそう

ベストレビュー

子どもはマンホールが大好き!

マンホールからいろんまいごが、飛び出しているというお話。ありえないけれど、でもこんなことあったら、おもしろいかなぁとうなづいてしまう、そんなお話。
この本の作者・いとうひろしさんのあとがきが、なんともまたユニーク。
「でも、時々、散歩の途中なんかに、マンホールのふたを見て思います。この下には、地下のジャングルがあるんだ。そこでは、今日も工事のおじさんが、ワニや大蛇と闘っているんだ。」
ね?ユニークでしょう?
確かに子どもは、マンホールが大好き。開けこそしないけれど、マンホールにじっと座り込むこともしばしば。実は見えているのかもしれません。子どもたちには、まいごのきりんやマンモスたちが・・・。
想像力をかきたてられる、そんな本です。。絵本から児童書への変換期の小学生におすすめ!

(はんぶん×ずっこさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

いとう ひろしさんのその他の作品

学校へ行こう ちゃんとりん / ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと / おさるのよる / へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども / さいごのひみつ



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

マンホールからこんにちは

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット