なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
レインボウブックス リズム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

レインボウブックス リズム

  • 絵本
作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥826 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1990年
ISBN: 9784895883061

0歳から

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


水彩画の優しいタッチの赤ちゃん絵本

出版社からの紹介

赤ちゃんは、生まれた瞬間から明るい暗いなどがわかるくらいに、視覚が発達しています。
首が据わってくる3、4ヶ月ほどから、絵本をめくって見せてあげましょう。
人の顔や原色のはっきりしたものなどをじっとみたり、動く物を目で追うようになってきます。
おすすめのこのシリーズは、水彩画のやさしいタッチと、コントラストのはっきりした切り絵風のイラストが、はじめて絵本に出会う赤ちゃんにぴったり。モチーフが自然や動物なので胎教にもおすすめ。

レインボウブックス リズム

ベストレビュー

びっくりしました

図書館の読み聞かせの会で読んでいただきました。
娘は6か月くらいで周りの子も同じような月齢だったのですが,この絵本を先生が読み始めると,全員がぴたっと動きをとめ絵本に見入ったのでびっくりしました。
ストーリーはないのにこんなおもしろい絵本があるんだと絵本に対する考えが変わった一冊でした。

その後,図書館で借りて自宅で読んだのですが,娘は言葉の響きがおもしろいらしく,「おうおう」といいながら喜んでいました。絵本を読んでいて反応があるのは読むほうとしても楽しいので,なかなか反応が見えにくい0歳さんにはおすすめだと思います。

また先生の読み方,私の読み方,夫の読み方とそれぞれ読む人で違うのでそれもおもしろかったです。夫が娘に読み聞かせるのを聞くと,ちょっと日本の祭りの掛け声みたいで笑っちゃいました。
(サカホコセブンさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


真砂 秀朗さんのその他の作品

レインボウブックス ひかり / レインボウブックス ながれ  / レインボウブックス ことば / レインボウブックス きもち / レインボウブックス かたち / レインボウブックス いのち



「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

レインボウブックス リズム

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット