もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
佐野洋子対談集 人生のきほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

佐野洋子対談集 人生のきほん

作: 佐野 洋子 西原 理恵子 リリー・フランキー
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「佐野洋子対談集 人生のきほん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011/02/03
ISBN: 9784062160902

大人向け

関連するスペシャルコンテンツ


200万部突破記念!編集者インタビュー

出版社からの紹介

「生きることは、死ぬまでのひまつぶし」
『100万回生きたねこ』の佐野洋子 最後の肉声

佐野洋子V.S.サイバラ。 一見異色の組み合わせですが、世代は違えど怒涛の人生を歩んできたふたりです。お互い著作物を通して関心を抱きつつ、初対面で突入した対談は、「生きる」ということの意味を、ここまで語るか! というほどの濃厚なトークに。
いっぽうリリー・フランキーさんとは、ともに母を送った“子”としての、整理された気持ちが静かに語られています。 どちらにも共通するのは、肉親の死、出会いと別れ、仕事でのたたかい...。涙と爆笑なしでは読むことができない、老若男女必読の1冊です。

■担当編集者の打ちあけ話
2007年、絵本『100万回生きたねこ』刊行30周年として企画した、佐野洋子&西原理恵子の対談を軸に、2009年のリリー・フランキーとの対談を加えて1冊の本にまとめました。未発表の原稿です。奇しくも追悼の刊行となってしまいました。
ページをめくると、佐野さんが亡くなった今、その一言一言が、音声となって、いきいきと蘇ってきます。西原さんと、リリーさんは、イラストでこの本をまとめてくださったともいえます。巻末のリリーさんの原稿が、佐野さんのこの世での不在を伝えていますが、力のある言葉の数々は、いつまでも読む人の心にとどまることと思います。(チ)

ベストレビュー

佐野洋子さんは楽しい方でした

沢山の絵本を読んでいますが
作者さんがどのような方なのか絵本からはわかりません。
この本を読み佐野洋子さんというお人の
生涯をお聞きすることができました。

対談集なのでまるでこの対談の中に自分がいるかのようでした。
絵のプロであり言葉の使い手でもあるので
言葉をたくみに操っていて本当に素敵なお話でした。

また佐野さんはとても豊かな人生を送られています。
幼少のころのお母様との確執、そして介護。
男の話、金の話。結婚と離婚。
そして息子さんへの愛。最後は闘病生活。
留学の話も印象に残っています。
絵本の話は金の話の部分でほんの一瞬です。
一見、紆余曲折な人生ですが
読み終える頃には佐野さんの満足したお顔が目に浮かびました。
いま私は佐野さんの人生感への憧れと
尊敬の気持ちが芽生えた感じがしています。

そして最後のリリーさんのお手紙を読んで
笑顔で泣き、佐野さんとお別れをしました。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた

西原 理恵子さんのその他の作品

いきのびる魔法ーいじめられている君へー / <よりみちパン!セ> この世でいちばん大事な「カネ」の話 / 角川つばさ文庫 星の王子さま

リリー・フランキーさんのその他の作品

おでんくん 2  / おでんくん



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

佐野洋子対談集 人生のきほん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット