たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
はるねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるねこ

  • 絵本
作: かんの ゆうこ
絵: 松成 真理子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「はるねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月15日
ISBN: 9784061324558

読み聞かせ:5歳から 
ひとり読み:7歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

季節を運ぶユニークな猫たちを描いた「四季ねこ」シリーズ、本書は心おどる「春」の物語です。

もう暖かくなってもいいころなのに、その年の春はなかなかやってきませんでした。不思議に思ったあやのが外を見てみると、若草色をした猫が何かを一生懸命に探しています。話を聞いてみると、〈春の種〉がつまった、きんちゃくぶくろを落としてしまったというのです。それを聞いたあやのは、折り紙で春を作ろうと提案します……。

若草色の猫とともに折り紙を作るあやのはとっても楽しそうです。皆さんだったら、こういうとき、何をつくりますか? 「春に出てくるものってなんだっけ?」と、お子さんと話したり考えたりしながら読むのも楽しいですね。
いろとりどりのお花、ちょうちょ、小鳥、てんとう虫、桜の木、うさぎ、やまね……。どんどん生み出される春に、胸がわくわくしてきて、口を大きくあけて笑う猫とあやのの絵がなんとも幸せ気分にさせてくれます。

そして、春の国に帰らなくてはならない猫のために、あやのが折り紙で作ってあげたものとは……? とても意外なもので、ページをめくった瞬間、思わず「わあ」と歓声をあげてしまいました。
心浮き立つような春の風や光を閉じ込めた一冊です。
本書が気に入った方は、ぜひ『ふゆねこ』『なつねこ』『あきねこ』もあわせて楽しんでください。季節の感じ方や味わい方が、一段と深まる、素敵なエピソードがたっぷりつまっているシリーズです。

はるねこ

出版社からの紹介

今年はなかなか春がきません。“はるねこ”が「はるのたね」をなくしてしまったらしいのです。そこで、あやははるねこと、おりがみで春をつくることにします。

■担当編集者の打ちあけ話
ふしぎな猫と少女の出会いを描いた、四季ねこシリーズ、第二弾ができあがりました。一話、一話、まったく違う猫と女の子がくりひろげるこのシリーズ。今回の春のお話は、ちょっぴりおっちょこちょいの猫が出てくる、楽しいお話。「春」という誰もが待ちわびる季節を、松成真理子さんが色鮮やかに描き出してくださいました。この“はるねこ”が、みなさんに春を運んでくれますように。(J)

ベストレビュー

春が待ち遠しい頃に、ぴったり!

「ふゆねこ」のかんの氏の作品で
松成氏の絵なので、リクエストして
やっと!手元に

黄緑色の猫\(◎o◎)/!
頭に載せているのは何?

葉っぱの手紙
巾着袋
おりがみ

なんとも素敵な世界が広がります
最後の「あのときは、とってもたのしかったなぁ」は
共感出来ます
春の訪れの頃に読みたい絵本です

来年の春のおはなし会に是非、読みたい1冊です
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かんの ゆうこさんのその他の作品

はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜 / えほん はりねずみのルーチカ / はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム / はりねずみのルーチカ カギのおとしもの / はりねずみのルーチカ / はこちゃん

松成 真理子さんのその他の作品

きつねみちは、天のみち / 雨ニモマケズ / 紙芝居 にげだしたポケット / ふしぎねこりん丸 / るいくんとおばけくん / あめあめぱらん



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

はるねこ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット