ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ジャータカ物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジャータカ物語

  • 絵本
作: 今岡 深雪
絵: 掛川 晶子
出版社: 浄土宗出版

本体価格: ¥1,200 +税

「ジャータカ物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年02月15日
ISBN: 9784883630516

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

インドでは、昔から、人は死んだらほかのものに生まれかわりそれをくり返すという考え方がありました。
これを「輪廻転生」といいます。仏教をひらいたおしゃかさまへの尊敬が「輪廻転生」と結びつき、おしゃかさまが悟りをひらいたのは、いくつもの前世でよい行いをしてきたからだと信じられるようになりました。
そうして生まれたおしゃかさまの前世のおはなしが、ジャータカ物語です。

「大きな音」、「おしゃべりなかめ」、「ともだち」、「ほりあてた金貨」など21のおはなしをおさめました。
お子さんに育みたい「やさしさ」と、おとなが忘れかけた「まごころ」のつまった1冊です。




ジャータカ物語

▼出版社ホームページ:
http://press.jodo.or.jp/

ベストレビュー

お釈迦様の前世の物語

「ジャーカタ」って、日本人には耳慣れない言葉ですよね?
改めていうとなんだろうと思って、調べてみました。
「ジャーカタ」というのは、お釈迦様がお釈迦様として生まれる前の「生(前世)」の物語のことを指すそうです。
この物語は、仏教経典に描かれているお釈迦様の前世の物語。を小さなお子さんでもわかるようにまとめ、絵本にしています。

後書きをよく読むと、この作品は浄土宗新聞に連載されていたものを絵本にまとめたそうです。ですので、編集も「浄土宗出版」というところでなされていますし、連絡先には浄土宗宗務庁なるところが書かれていました。
キリスト教の団体の方がこういった宗教上にまつわる物語の絵本を出版されることは結構多いのですが、仏教系宗派の方々の一般流通の「絵本」の出版物は初めて読んだかもしれません。

1つ1つの物語は、昔話として伝えられているものも多く、本やお話の好きなお子さんでしたら聞きたことのあるお話も多いかもしれません。
うちの上の子も「これ知ってる」とか言いながら、面白そうに読んでいました。

宗教色の強いお話しではないので、物語としてだれが読んでも面白いと思います。
あまり小さなお子さんだと意味の分からないお話もあると思うので、小学校高学年以上のお子さんたちに機会があったら紹介してみたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

掛川 晶子さんのその他の作品

ママの心に寄りそう絵本たち  / 続・教師の話し方・聴き方



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

ジャータカ物語

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット