ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ヘブンショップ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘブンショップ

  • 児童書
作: デボラ・エリス
絵: 齋藤木綿子
訳: さくま ゆみこ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ヘブンショップ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784790231639

小学校高学年〜中学生向き
280ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

エイズが猛威をふるうアフリカ・マラウイ。13歳の少女ビンティは、町ではちょっとした有名人。有名私立校に通いながら、ラジオドラマに声優として出演しているのだ。ある日、ビンティの父親がエイズで亡くなった。そのとたん境遇は一変。兄妹はバラバラになってしまう。親戚から冷遇された末に行き着いた先は、祖母の作ったエイズ孤児の家だった。急激な環境の変化に戸惑いながらも、たくましく生きるビンティ。彼女はやがて、思いやりとやさしさを身につけ、真に生きる意味を見つける。

ベストレビュー

10歳の少女が主人公なのですが

今年は私にとってYA元年ということで、

鈴木出版の「この地球を生きる子どもたち」も何冊か読みました。

10歳の少女が主人公なのですが、置かれている状況が、私の想像の範囲を超えていました。

HIVやエイズへの偏見、治療薬が足りないことから、親である世代がどんどんと亡くなり、

低年齢でも働くことを余儀なくされていく子どもたちがいること、また落ちていく先は犯罪であったり、買春であったりするわけです。

ただ、救いはその子どもたちが現実をしっかりと見据えて、今自分ができることをして生きていることでした。

親としては正直なところ、この本をいつ息子と読んだらいいのかと戸惑いました。

先に、私と夫と読みましたが、先に親が今の子どもの文学では何が出版されているのかを知っておくことは悪くないことだと思いました。

重い内容ではあるけれど、最後には希望も見える。

海外ものを読むたびに、日本の子どもたちと比べて読んでしまいますが、

子どもの環境が少しでもよくなることを親としては願うばかりです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デボラ・エリスさんのその他の作品

希望の学校―新・生きのびるために / きみ、ひとりじゃない / 三つの願い パレスチナとイスラエルの子どもたち / さすらいの旅―続・生きのびるために / 生きのびるために

齋藤木綿子さんのその他の作品

シルクの花

さくま ゆみこさんのその他の作品

くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン



『おやすみ、エレン』快眠セラピスト三橋美穂さんインタビュー

ヘブンショップ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット