しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ほんとのおおきさ・なかよし動物園
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほんとのおおきさ・なかよし動物園

  • 絵本
監修: 小宮 輝之(上野動物園園長)
文: 高岡 昌江
写真: 尾崎 たまき
絵: 柏原 晃夫
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほんとのおおきさ・なかよし動物園」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2011年03月08日
ISBN: 9784052033650

371×267 48頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

*英語版が、2012 Parents Choice Awards・ピクチャーブック部門で金賞受賞!


その後のほんとの大きさ動物園

「その後のほんとのおおきさ動物園」連載中!(不定期更新/スピンオフ企画)
第7回 ゾウアザラシの丸子
第6回 新刊は「特別編」です!
第5回 ヒツジのデイジー&ヤギのタンカン
第4回 おしらせスペシャル
第3回 ホッキョクグマのピース
第2回 オオカミのキナコ
第1回 おひさしぶりです〜

出版社からの紹介

テレビや新聞など、各メディアで紹介されて話題を呼んでいる“ほんとのおおきさシリーズ”最新作です!
 今回で3作目となります「動物園」。
恒例の実物大写真で紹介するのは、ヒツジやヤギ、ウサギやモルモットなど身近な家畜やペットたち。
日本各地にある動物園には、たいてい、こうした動物とふれあえる「なかよし動物園」や「こども動物園」があります。
実は、ここは動物園の中で、子どもたちにいちばん人気のあるコーナーなのです。
それぞれの動物の“さわり方”も、これも恒例となった4コママンガで、くわしく紹介しています。


【編集者の声】
「なかよし動物園」をテーマにした児童書をつくることは、編集者としての私の念願でした。
 日本で最初の、動物とふれあえる動物園は、1948年に東京・上野動物園の中に誕生しました。その頃、戦後まもない動物園には、大型動物はキリンだけしかおらず、あとは家畜ばかりでした。戦争のため、猛獣が処分されていたからです。
 いっぽう、まちには、戦争で親も家もなくし、お腹をすかせた子どもがあふれ返っていました。子どもたちのすさんだ心を和らげるために、動物園が何かしなくては。そう考えた当時の古賀忠道園長は、動物の力を借りることを発案し、「こども動物園」が生まれたのです。
 「こども動物園」の新しい試みは、子どもたちが動物と一緒に過ごしながら自由にさわれるようにする、というものでした。現在も受け継がれているスタイルです。開園にあたって、古賀園長は「開園する時期としては、いちばん不適当なときを選んだのかも知れない。しかし、私は、こんな時代だからこそ、このような施設も必要だと考えたのである」と飼育日誌に書き残しています。
 戦争が終わって60年以上たち、確かに時代は変わりました。しかし現在もなお、子どもたちの周囲には、新たなストレスが絶えません。今こそ古賀園長の深い思いを噛みしめ、案じるときかもしれません。動物と一緒にいるときの子どもの笑顔は、昔も今もこれからも、変わらないはずだからです。
 本書の最後のページに、現在の上野動物園園長・小宮輝之さん(監修者)からのメッセージを掲載しました。ぜひご一読ください。

ほんとのおおきさ・なかよし動物園

ほんとのおおきさ・なかよし動物園

ほんとのおおきさ・なかよし動物園

ほんとのおおきさ・なかよし動物園

ベストレビュー

一番手がなぜ、「ヤギ」だったのか?

同じシリーズでいくつか出ています。
これは「動物園」の動物シリーズで、ほんとの大きさの動物写真が載っていて、その動物についてのちょっとした情報やエピソードを欄外で紹介してくれています。
監修が上野動物園・園長でした。
園長さんに私は聞きたい、なぜ、この本で1番初めに登場するのが「ヤギだったのか!」
園内の地図が最初にのっているんですが、その順番でもなさそうだし「動物園」の紹介絵本で、1番手が「ヤギ」って、なんかすごく不思議な感じがしました。
「シリメンチョウ」の写真はちょっと迫力ありました。あごひげはやしたおじいさん?みたいな感じで、“ほんとの大きさ”を紹介する本なので、かなりアップに写っています。アップの「シチメンチョウ」は迫力あります。
作りが面白いので、参加型として読み聞かせでも使えそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

小宮 輝之(上野動物園園長)さんのその他の作品

もっと!ほんとのおおきさ動物園 / ほんとのおおきさ動物園

高岡 昌江さんのその他の作品

ジンベエザメのはこびかた / ほんとのおおきさ あかちゃん動物園 / たべものくらべっこえほん / 色わけいきものずかん / もっと!ほんとのおおきさ水族館 / セミとわたしはおないどし

尾崎 たまきさんのその他の作品

水俣物語 / みな また、よみがえる / ほんとのおおきさ特別編 元気です!東北の動物たち

柏原 晃夫さんのその他の作品

みんなのほねほね / どうぶつ / のりもの / おしゃべりスマホ / おふろで たのしく クイズあそび おふろカード のりもの / ぽんぽんぽん



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

ほんとのおおきさ・なかよし動物園

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット