モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ふしぎな ふえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎな ふえ

絵: 植垣 歩子
再話: 八百板 洋子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「ふしぎな ふえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月

2才〜4才向き
ページ数: 24 サイズ: 21X20cm こどものとも年少版 2011年3月号

出版社からの紹介

毎日、やぎ飼いの男の子がやぎを山に連れていくと、やぎはいつもよろよろになって戻ってきます。やぎの持ち主のおこりんぼのおじいさんは、男の子のあとをこっそりつけていきました。すると、山の上で男の子が笛を吹き出すと、やぎはみんな踊り出したのです。笛の音を聞いたおじいさんも踊り出しました。迎えにきたおばあさんも息子も、笛の音を聞くとみんな……。

ベストレビュー

こういう形で終わるお話は珍しいそうです

 ブルガリアの昔話の再話です。
  
 ヤギをたくさん飼っているおじいさん。
 毎朝、山羊番の男の子に山へ草を食べに連れて行ってもらっているのですが、山羊たちはいつもよろよろになって戻ってきます。
 そう、目の下にくまなんか作っちゃって、頬もこけ気味で(笑)。
 太らない山羊たちに???のおじいさんは、次の日の朝、山羊たちと男の子をこっそり追いかけます。
 しばらくすると、男の子が笛を吹き始め、・・・。

 もうこのページで、爆笑です。
 草を食べるのをぴたりと止めて、踊りだす山羊・ヤギ・やぎ。
 山羊番の男の子を叱ろうと出てきたおじいさんも笛の音に、・・・。

 楽しい〜♪楽しい〜♪とにかく愉快!
 笛の音色に、みんなつられて村へ下りて来ても、踊りは伝染していくばかり。
 広場での踊る村人は圧巻です。
 カメもカエルもネズミもひよこも、おまけにドラキュラまで。
 小さいお子さんは大喜びだと思います。
 
 ピーロラッラ ピーロラッラ ピーロラッラッラー ♪に、なにかメロディーをつけて読みたくなります。

 お話の最後は、おちも教訓めいた結末も無いのですが、とにかく愉快!
 こういう形で終わるお話は、他国ではあまり見られないスタイルだそうですが、底抜けに明るく活き活きとした人々の住んでいるお国柄なんだろうなって思いました。

 ブルガリアの民族衣装も眩しいくらいの色調に、襟ぐり袖口の綺麗な縁取り刺繍が綺麗です。
 表紙絵の縁取りも、ブルガリアの刺繍模様だそうですよ。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

出版社おすすめ


八百板 洋子さんのその他の作品

ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし / 日本と中国のおひめさま かぐやひめ / アンデルセンのおひめさま にんぎょひめ / ナスレディンのはなし / ぽぽとクロ / きこりとテーブル

植垣 歩子さんのその他の作品

すっぽんぽんのはだかんぼう / おもちのかいすいよく / おもちのおふろ / 宮沢賢治の絵本 猫の事務所 / にんじん だいこん ごぼう / どろん ばあ おばけかぞえうた



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ふしぎな ふえ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット