雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
じめんのしたの小さなむし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じめんのしたの小さなむし

  • 絵本
作・絵: たしろ ちさと
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784834026214

自分で読むなら・ 小学低学年から
24X20cm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

腐葉土の中で、見かけるハナムグリの幼虫。身近なのに、生態はあまり知られていません。
実際に育て、観察を続けた作者が、幼虫がくらす地下の世界をいきいきと描きます。

じめんのしたの小さなむし

ベストレビュー

そうなのか! 土の下の生活

3歳2か月の、最近、虫などの身近な生物に興味を持ち始めた息子に
図書館で借りました。

たしろさん、こんな絵本も描いていらしたんですね。

ハナムグリの幼虫の話。
人間に捕まえられてしまってからの冒険です。
土の下でも、いろいろな生物がいて、さまざまなドラマがあったんですね。
そうか、地面に近い土は乾いていて暑くなるんですね。
腐葉土はふかふかでおいしいんですね。
ハナムグリになった気分になれます。

巻末にハナムグリの飼い方なども詳しく描いてあったのが
よかったです。
恐らく、ウチの庭にもハナムグリがいます。
今度飼ってみようかな。

息子も興味津々で読んでいました。
(トゥリーハウスさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

たしろ ちさとさんのその他の作品

きょうりゅうオーディション / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / すずめくんどこでごはんたべるの? / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / どんな いちにち / ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

じめんのしたの小さなむし

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット