くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ともだちおもいのろばくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ともだちおもいのろばくん

  • 絵本
作: アレッシア・ガリッリ
絵: パトリツィア・ラ・ポルタ
訳: せきぐちともこ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ともだちおもいのろばくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年06月
ISBN: 9784577020876

4歳から
30×21cm 25ページ

出版社からの紹介

動物たちが農場を散歩していると突然、大雨がふってきました。あわてて逃げる動物たち。逃げ遅れた子どもたちを助けてくれたのは…。

ベストレビュー

えらいね、ろばくん。

5歳の娘が自分で選んで図書館から借りてきました。いろいろな動物が登場する賑やかでちょっとドキドキの絵本です。
ある日大雨が降って、川の水が堤防から溢れ出し、みんながいる牧場も農場も水浸しになります。にわとりも、ひつじも、うしも、あひるも、みんな急いで丘の上に逃げていきました。でもひとりろばのノアくんだけ、困っている友だちを助けてあげられるからと、残ることに。
ノアくんの長い耳が悲鳴を聞きつけ、逃げ遅れた小さな動物たちをみな助けてあげます。本当にともだちおもいのろばくんに、娘も尊敬の気持ちをもったようで、「えらいね、ろばくん」としきりに言っていました。
水がひいた農場に、みんながうれしそうに走って帰っていく最後のページが素敵です。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アレッシア・ガリッリさんのその他の作品

びっくりポピー / あわてんぼうのめんどり

せきぐちともこさんのその他の作品

オデュッセウスの旅 / ゆきのひのポンテ / かえると王子さまの恋物語 どんでんがえる / おとこのこなんてだいきらい だってね・・・・・・ / ジョットという名の少年 羊がかなえてくれた夢 / おんなのこなんてだいきらい だってさ・・・・・・



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

ともだちおもいのろばくん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット