もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ねんどの神さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねんどの神さま

作: 那須 正幹
絵: 武田 美穂
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねんどの神さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1992年12月
ISBN: 9784591041772

5歳〜
29cm x 21.5cm 40ページ

出版社からの紹介

戦後、兵器会社の社長となった男のもとへ、怪物がやってきます。それは、男が少年時代戦争への憎しみをこめて作ったねん土細工でした。

ベストレビュー

逆説的な反戦絵本

『ズッコケ三人組』シリーズを書いた那須正幹が手掛けていることに驚いて手にした図書です。

家族を戦争で失い、おばあさんのもとに引き取られた少年が通った過疎村の小学校。
戦争直後、少年は戦争が再び起こらぬよう、あのような兵器を作らないと誓って「ねんどの神さま」を作りました。
それから50年後。
閉校となった小学校の倉庫で眠っていた「ねんどの神さま」が「怪獣」となって東京に向かいます。
映画「ゴジラ」の第1作のような鋭い社会批判となっています。

立ち向かう自衛隊。
「怪獣」と倒すためにいろいろな兵器が使われ、「怪獣」は倒れないけれど巻き添えになった多くの人々が亡くなります。
「ねんどの神さま」が向かったのは、かつて自分を作ってくれた少年でした。
少年は兵器を作る会社の社長になっていたのです。
結末は残酷です。
そして解決感がなく、社長は胸のつかえが取れたことにホッとして兵器を作り続けるようです。
子どもの心はここまで変ってしまうのかという、痛烈な皮肉をこめた作品です。

この絵本を紹介するのには少し勇気がいりました。
しかし、児童文学者でありながら平和活動にも力をいれている那須正幹さんの実験的な作品としてお薦めしたいと思います。
なにしろ、近頃読み聞かせに無反応の中二の息子がじっと見入ってくれましたから。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


那須 正幹さんのその他の作品

秘密基地のつくりかた教えます / ヨッちゃんのよわむし / 塩田の運動会 / 少年たちの戦場 / ポプラ文庫 ズッコケ中年三人組 それいけズッコケ40歳 / ズッコケ熟年三人組

武田 美穂さんのその他の作品

ひきがえるに げんまん / マネキンさんがきた / ランドセル名作 3つのとんち /長ぐつをはいたねこ・一休さん・うさぎどんきつねどん / たいふうのひ / おさるのこうすけ / しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ



「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

ねんどの神さま

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット