庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
フランシスとたんじょうび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フランシスとたんじょうび

  • 絵本
作: ラッセル・ホーバン
絵: リリアン・ホーバン
訳: 松岡 享子
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784769021070

25.8×20.9cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

明日は、妹の誕生日、お祝いの準備に忙しいママとグローリアを見ると、フランシスは拗ねてしてしまいます。けどやっぱり、可愛い妹にプレゼントを考えます。

フランシスとたんじょうび

ベストレビュー

「おねえさん」になる辛さ

ケーキに2本ろうそくがたっているところを見ると、あかちゃんだったグローリアももう2才になったんでしょうか。
3才半はなれた姉がいた私にとって、なぜ姉があんなに意地悪だったりかんしゃくをおこしたりするのか、まったくもって理解できなかったのですが、フランシスの絵本を読んでいると、ひとりっこでお母さんもお父さんも、お家のなかのものもみんなの注目もなにもかもが自分のものだった生活が一変して、さもあたりまえであるかのような顔をして両親の手をわずらわせ、みんなに保護され、ゆずってもらえてあたりまえの顔をしている「妹」という存在にさぞ気持ちをかきみだされたことだろうな...と思うようになりました。
自分にだってお誕生日はあるのは知ってる、でも妹が特別扱いされてるのは我慢できない、でもお祝いはしてあげたい、と、たくさんの「本音」の間で揺れるフランシス。不安定なフランシスの発言や行動を、お母さんは無視するでもなくとがめるでもなく、実に公平な態度で見つめています。
グローリアの誕生日当日も、きれいに準備されたテーブルや、呼ばれた友達の持ってきたプレゼントなどを目にしてフランシスの心はまた、意地悪なほうへと揺れます。おたんじょうびの歌をうたうとき、こっそりと自分の名前で歌ったり、用意したプレゼントをあげないことにしたり。
でも、グローリアの「おねがいごと」が、『フランシスがやさしくしてくれますようにっておねがいしたの。あたしもいじわるしませんからっていったの』だったと知り、フランシスは「やさしいおねえさん」のほうの本音をとりもどすのです。
妹だっていじめられたり、ケンカしたって必ず負けたり、辛い事はたくさんあるものです。でも、もとは自分のものだったはずのものをほとんどすべて共有しなくてはならなくなった「おねえさん」というのは、本当にものすごい葛藤と戦わなくてはいけないんだなぁと、しみじみ思いました。
(サラミさん 20代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラッセル・ホーバンさんのその他の作品

新装版 フランシスのいえで / 池のほとりのなかまたち / むしゃくしゃかぞく / わにのアーサーおよばれにいく / あこがれの星をめざして / Bedtime for Frances(おやすみなさいフランシス)

リリアン・ホーバンさんのその他の作品

ねずみのオスカーとはるのおくりもの / ソフィーとガッシー いつもいっしょに / ソフィーとガッシー / こんにちは、バネッサ / アーサーといもうと / ハービーのかくれが

松岡 享子さんのその他の作品

りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス / うたこさんのおかいもの / うたこさんのにわしごと



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

フランシスとたんじょうび

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット