もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
アルバートの感謝祭
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アルバートの感謝祭

作・絵: レスリ・トライオン
訳: 川端誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アルバートの感謝祭」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ベストレビュー

働き者のアルバート

動物たちのニッコリ谷小学校のPTA主催の感謝祭のお話です。
仕切り屋のブタのパトシーPTA会長が働き者のアヒルのアルバートに次々と用事を頼みます。
テーブルを作ったり、七面鳥の折り紙を作ったり、掃除をしたり…、一つ終わるごとに次のことづけが届きます。
アルバートは器用に次々と片づけていくのです。
アルバートが可哀そう、なんと自分勝手なPTA会長。
仕事を終えた夜、「野菜の収穫はどうするのでしょうか?」と、今度はアルバートからパトシー会長にお手紙。
会長からの要件が手書きなのに、アルバートが送った手紙はタイプライター(昔のワープロだよ)。
なんと律義なアルバートでしょう。
これにはパトシー会長もびっくり。
みんなで野菜を収穫して、無事に感謝祭は終了…。
と思ったら、パトシー会長は次の計画を思いついたようです。

この絵本、「風来坊シリーズ」や「落語絵本シリーズ」の川端誠さんが訳しているのがとても印象的。
裏表紙にはアルバート特性のカボチャパイの作り方が丁寧に描かれています。(アルバートは手伝いに来ないそうです)
面白みたっぷりの絵本ですが、PTA役員経験者としてはひとつ言っておきたいことがあります。
こんなPTA会長いませんよ(自己弁護)。
次々と用事を片づけていくアルバートは小学校の用務員さんのようです。
ひょっとして、パトシーさんを校長先生とした方が良かったのでは?(校長先生ごめんなさい)
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

川端 誠さんのその他の作品

お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

アルバートの感謝祭

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット